日本、世界で最も低い性的同意年齢を13歳から16歳に高める

Estimated read time 1 min read

東京(AP) – 金曜日、日本議会は城東の年齢を13歳から16歳に高めました。 この限度は100年以上変わらずに維持されており、子供と女性に対するより大きな保護を求める中で世界で最も低いレベルです。

今回の改正案は性犯罪関連法改正案の一環である。 それとは別に、議会は金曜日の活動家が性少数者に対する同等の権利を保証しないと非難するLGBTQ +問題に対する認識を高めるための新しい法案を通過しました。

立法部と司法部を男性が掌握した国で性犯罪被害者保護強化と加害者処罰強化などの改革は徐々に進んでいる。

日本は2017年110年ぶりに性犯罪に関する刑法を改正した。 性的虐待事件に対する一連の無罪判決と同意なしに少女と女性の性的イメージを撮影する事例が増え、大衆の怒りを呼び起こし、新しい改正を促しました。

金曜日に制定された変更は、16歳未満の人とのセックスをレイプと見なします。 彼らは、アルコールや薬物、恐怖、脅迫の影響で暴行されることを含む、強制性関係の新しい用語である「同意のない性犯罪」の8つのシナリオを指定します。

また、同意なしに撮影された性的搾取映像の撮影、配布、所持を禁止します。

性犯罪の公訴時効も5年延長され、同意のない性関係は10年に増えた。 その犯罪は現在最大15年の懲役刑に処せられ、「写真観音症」は最大3年の懲役刑に処される可能性があります。

このような変化は、名古屋で19歳の娘を性暴行した父親が裁判所で無罪を宣告された事件で部分的に触発された。 この決定は全国的な抗議を呼び起こした。

活動家たちは、新しいLGBTQ+法がトランスジェンダーの権利反対者のために見える最後の瞬間の変化のために平等を促進する代わりに彼らを脅かすと述べた。

日本は、LGBTBQ+法的保護を受けていないG7主要先進国の唯一の加盟国です。 日本の大衆の間で同性結婚やその他の権利への支持が高まっていますが、保守的な価値と両性平等と性的多様性の増進を消極的にすることが知られている執権自民党内では、依然として反対は強いです。

法の最終版は、「不当な差別」は容認できないが、差別を明確に禁止するものではないと述べています。

すべての国民が安心して暮らすことができる条件を造成しなければならないということである。

トランスジェンダーの女性である常江田美紀は、「法は私たちや私たちの試練を見ずに、代わりに私たちに苦しむ人々の方向を眺める」と話した。 「私たちの存在が国民の安全感を脅かすように、法律が私たちをどのように扱うのかは非常に懸念されています。」

READ  チェコサッカーフーリガンが日本を通じてUFCチャンピオンになった方法 - スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours