トップニュース

日本、世界で男子銀メダル獲得、オリンピック本選進出

日本人男性が水曜日リバプールで開かれた世界体操選手権大会団体戦決勝戦で銀メダルを獲得し、2024年パリオリンピックチケットを前売りしました。

オリンピック個人総合および横棒金メダリストの橋本大樹が率いるチームは総点253.395点で中国(257.858点)に続き、開催国イギリス(247.229点)をリードしている。

日本の体操選手が2022年11月2日、イギリスリバプールで開かれた世界芸術体操選手権大会男子団体戦決勝で銀メダルを獲得した後ポーズを取っている。 (刑務所)==刑務所

3人のメダル受賞者はすべて5人のチームをパリに送る権利を得ました。

日本は予選で1位を占めた後に好んだが、東京銀メダルを獲得した服装の様々なミスで、中国は2018年以来初めてで世界選手権大会で13番目の男子団体タイトルを占めました。

田川和也、渡谷谷川、龍亮ドイ、柳也加藤をはじめとする日本チームは、競争の様々な段階で揺れているようだ。 ハシモトは一般的に支配的な水平バールーチンから転落しました。

橋本は「決勝戦の雰囲気に包まれたかもしれない」と話した。

「最高の姿をお見せするのが難しかった。苦しいが、私たち全員が世界最高になるために練習し続ければ勝てる」

昨夏、東京オリンピック男子代表チームと今大会を含む最新の世界選手権大会男子団体戦で総合優勝を占めたロシアの体操選手たちは自国のウクライナ侵攻で国際大会出場が禁止された。

日本の橋本大樹が2022年11月2日、イギリスリバプールで開かれた世界芸術体操選手権大会男子団体戦決勝で街路台で転倒した後、写真が撮られている。 (刑務所)==刑務所

READ  フィギュアGPのフランスのワールドカップが停止宇野昌磨、紀平梨花が出展予定も(スポニチアネックス) - スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close