日本、世界初の木材衛星建設、9月発射の可能性

1 min read

京都(日本)、5月29日(ベルナマ – 京都) – 日本の研究者たちは、火曜日にアメリカで発射されたSpaceXロケットに乗って小さな立方体形状の物体が宇宙に送られると予想される世界初の木造衛星を成功裏に建設したと発表しました。 刑務所通信は、米国がおそらく9月に報道したと報じました。

木材を意味する接頭辞lignoと衛星の合成語である「LignoSat」は、環境にやさしい環境を活用する目的で、京都大学と住友林業(Sumitomo Forestry Co.)が参加したチームが約4年間開発努力した結果です。 宇宙開発に必要な木材コストが安い。

木材衛星は、運転終了後に地球大気に再入ったときに燃焼したときに金属で作られた既存の衛星と比較して、環境に優れていると見なされます。 これは、天候や通信に悪影響を及ぼす可能性があるアルミナ粒子を生成する可能性があるためです。 チーム。

今回の開発は「宇宙産業と木材産業の両方のための非常に貴重な段階」と京都大学と東京に本社を置く木材製品会社は共同プレスリリースで明らかにし、「木材使用の可能性を開くのに役立つだろう」と明らかにしたです。 、これは持続可能なリソースです。」

LignoSatは、厚さ4〜5.5mmのマグノリアの木製パネルで作られた10cmサイズのキューブで、フレームは部分的にアルミニウムで構成されています。 一部の側面には太陽電池パネルが取り付けられており、重量は約1kgです。

ネジや接着材をまったく使用しない日本の伝統的な技術をもとに製作されました。

研究チームは、宇宙空間の過酷な環境でも木材素材の耐久性を確認したと明らかにした。

京都大学プログラム担当教授として在職中の宇宙飛行士ドイ・タカオ(Dakao Doi)は「将来は電子基板部分(内部を含む)を含め、全体が木材で作られた衛星を作りたい」と話しました。

衛星は6月4日、日本航空宇宙探検局に渡される予定だ。 フロリダ州ケネディ宇宙センターで発射され、国際宇宙ステーションに向けて発射される予定だ。

プレスリリースによると、軌道実験室に到着してから約1ヶ月後に宇宙に放出される予定だ。 研究チームは、新しい衛星から送信されたデータを分析して木材の可能性を探索する計画だと述べた。

– ベルナマ – 京都


BERNAMAは、BERNAMA Wiresを介して広がる最新の本格的で包括的なニュースと情報を提供しています。 www.bernama.com; Astro 502、unifi TV 631、MYTV 121 IFLIXチャンネルのBERNAMA TV、FM93.9(Klang Valley)、FM107.5(Johor Bahru)、FM107.9(Kota Kinabalu)、FM100.9(Kuching)周波数のBERNAMAラジオ。

ソーシャルメディアで私たちをフォローしてください:
Facebook: ツイートこんにちはツイート
Twitter: @bernama.com@BernamaTVツイート
インスタグラム: ツイートツイートをサイトに埋め込むツイートをサイトに埋め込む
Tikのトーク: ツイート

READ  野党代表、日本与党を非難する
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours