日本、世界選手権7回連続混合団体金メダル獲得

1 min read

日本は去る金曜日世界柔道選手権大会混成団体戦で2017年以降7回連続金メダルを獲得して無敗行進を続けました。

男子3人、女子3人で構成された13カ国大会で日本は8強でドイツを4-0に、4強でウズベキスタンを4-1で勝ち、アブダビで開かれた決勝ではフランスを同じ点で破った。

フランスを相手にした若い日本代表チームは、男子90kg以上の部門で23歳の中野カンタ(Nanta Nakano)が試合で初試合に勝った。チームの地位を確立するのに役立ちました。 3-1リード。

日本柔道選手が2024年5月24日、アブダビで開かれた世界誘導選手権大会混成団体戦で優勝した後、記念撮影をしている。 (写真提供:国際誘導連盟)(刑務所通信)

男子90kg級の18歳の川端小明(Kawabata Komei)が5次戦で複合試合を狙う途中で肩投げを成功させ、勝利を確定しました。

日本は木曜日まで行われた14個の個人種目で男子66kg級で田中龍馬、男子90kg級で田島幸樹、女子78kg級で富田若葉が金メダル3個を獲得した。

パリオリンピックに出場する唯一の柔道選手である長山柳州湾が、アラブ首長国連邦で開催された選手権大会で日本を代表して競争しました。 長山は60kg級で32強進出に失敗した。


関連プレス:

柔道:五輪メダリストの谷涼子が日本チームに励ましの言葉を伝えます。

オリンピック:柔道チャンピオンの阿部宇太がパリ決勝戦で敗北するとアナリストは予測しています。

柔道:パリハングムラオ、アンタルヤグランドスラム男子90kg金メダル獲得


READ  性別賃金格差に対する日本の進展、しかしより多くの措置が必要 - 政府
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours