エンターテインメント

日本、中国、韓国の学生がオンラインでアニメーション協力



この写真は、2020年の「Co-work」のアニメーションプロジェクトを通じて、中国、日本、韓国の美術ウォン、学生が製作した短編映画の一場面です。 (写真提供:東京芸術大学/教徒)

東京(教徒) – 日本、中国、韓国の3つの美術大学の学生が作った短編アニメーション映画が最近、東京芸術大学で開催されたオンラインシンポジウムで上映された。

美術大学によると、8月にコロナウイルスによる旅行の制限により、オンラインでのみ行われたアニメ制作プロジェクトに東京芸術大学大学院生約30人が協力した。 東京で。

アジアアニメーション文化の未来を導いて行く若いクリエイターのネットワークを構築するために、2010年に始まった年次プロジェクト “Co-work」は、過去数年間の活動が行われたシンポジウムで議論され、2020年11年目でした。 1月22日、大学は言った。

今回のシンポジウムで上映された最新作は、3つの大学の学生が5つのグループに分かれてミキシングされたものである。 去る8月に開催された多数のオンライン会議での内容を議論し、5編の短編映画「Five Elements Symphony」を完成した。

伝染病の中で視聴者たちにゴム的なメッセージを伝えるために、各短編アニメーション映画は、中国の哲学の5つの自然の要素である木、火、土、金属、水のいずれかをテーマに統合して製作されました。 いくつかの作品は、アジア諸国の文化要素を描写しました。

木をテーマにした映画は、マスクされた少女が病院を出て荒涼とした土地を通って神秘的な森の中に蝶を追う姿を盛っています。 火をテーマにしたもう一つの映画は、日本、中国、韓国を象徴する炎の形のキャラクターのグループを描写し、光と激励を伝えるために世界を旅します。

映画の編集は、合計6分間行われhttp://caica.online/archives/portfolio/2020-co-work?portfolioCats=5で見ることができます。

オンラインシンポジウムで東京芸術大学学長岡本美津子は映画の分野での継続的な国際交流の重要性を強調しており、情報通信技術が発展するにつれて、このような交流を維持することは、近い将来に、より容易になるだろうと言いました。

READ  アジア選手権大会で日本対インドネシア叙事詩

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close