日本、中国が南大陸棚にブイを設置したことを確認

1 min read

日本政府は金曜日に中国が太平洋にある日本の南大陸棚上空にブイを設置したことを確認したと明らかにしたが、これは両国関係をさらに緊張させることができる措置です。

吉正林官房長官は記者会見で、中国が日本西本島四国と最南端の沖ノトリ島北海域に小さなブイを設置したのは「残念なこと」とし「ブイの目的とその他の詳細を説明していない」と言った。

政府は中国に日本の海上利益を毀損しないよう求め、北京側は津波を監視するためにブイを設置しただけで、大陸棚に対する東京の主権を侵害する意図がないと答えたと政府高官の広報担当者が明らかにした。

日本は、中国調査船Xiang Yang Hong 22が東シナ海の日本の排他的経済水域を航海する船舶を監視しながら、6月中旬にブイを設置したと政府消息筋が語った。 問題の公害地域は日本のEEZに囲まれています。

林は日本政府が関連情報を収集し分析し続けると述べた。

中国外交部のスポークスマンマオニングは、津波を監視するためのブイは「科学的研究と公共の利益を提供するために」公海に設置され、これは国連海洋法条約に基づく「確立された国際慣行」だと述べた。

彼女は北京で開かれた記者会見で「日本はそのような活動に干渉する権利がない」と述べた。

2024年7月5日、東京で記者会見をする林吉正官房長官。 (共同通信)

昨年7月、中国は東シナ海にある東京が統制し、北京が領有権を主張する無人島尖閣列島近くの日本のEEZ内に別のブイを設置しました。 これに日本は抗議を提起し、即時の撤去を求めた。

マオは北京がダイオウィダオと呼ばれるこれらの島々が中国の領土の一部であり、周辺の海域は中国の管轄権に属しているため、中国がその地域に水文および気象データブイを設置することは「合法的かつ合法的」と述べました。

中国は尖閣列島周辺の日本海域を中国船舶が繰り返し侵犯することに抗議する中で、当該地域海域で軍事活動と海上攻勢強化に乗り出しています。


関連プレス:

中国、ジンマン近くの海域で台湾の漁船押収

日本、尖閣列島近くの中国船158日目発見… 記録的な記録

海上違法侵入者の拘禁を可能にする中国の新しい規則が発効しました。


READ  日本のチップ材料メーカー、韓国、台湾での生産量の増加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours