日本、中国と戦略的かつ好意的な関係を促進する約束

Estimated read time 1 min read

日本は火曜日に発表された年次外交政策報告書で中国と中国が多様な懸案について意見の違いを見せているが、対話の重要性を認識しながら中国と戦略的かつ好恵的な関係を追求していくことを約束した。

2024年外交庁書は、日本が2019年の報告書で最後に見た表現を使って、中国と「共通の戦略的利害関係に基づく相互利益となる関係」を促進すると発表した。 近隣諸国は「前例がなく、最大の戦略的課題」を抱えているが、それは言う。

岸田文夫日本首相と習近平中国国家主席は昨年11月、サンフランシスコで開かれた会談で戦略的かつ好意的な関係を構築することに合意した。

岸田文夫日本首相(左)と習近平中国国家主席が2023年11月16日、サンフランシスコで握手している。 (刑務所通信)

日本が領有権を主張し、中国が領有権を主張する東シナ海尖閣列島と昨年8月以降に損傷を受けた福島第一原子力発電所で処理された放射性水を海に放流するなどの問題をめぐり、両アジア強大国の間に緊張が依然として残ります。

日本の近い同盟国である米国と中国間の競争は、中国が必要なら武力で本土と統一できる離脱地域と見ている自治島である台湾近くで中国軍の挑発活動を置いてさらに激化しました。

報告書はまた、中国が南シナ海で「一方的に現象を変えようとする試み」と「一連の危険な行為」について「深刻な懸念」を表明し、日本、アメリカ、フィリピン間の三国協力を加速することが重要だと述べました。 。 それらを処理するために。

中国政府は日本の文件に対して「断固反対する」と明らかにし、リンゼン中国外交部スポークスマンは「この文件には中国を誹謗して非難し、いわゆる中国の脅威を誇張し、内政に不当に干渉する常套的な表現が込められている」と言った。

李首相は記者会見で、中国は日本が「誤りを正し、ブロック対決を煽ることを中断し、」新しい時代の要求に合致する建設的で安定した中日関係構築目標に向けて努力するよう促すと述べた。

青書には韓国に対して「国際社会の様々な問題を解決するためのパートナーとして」日本が協力しなければならない「重要な隣国」と記述した。

続いて「インド・太平洋地域の厳重な安保環境を考慮する時、今はこれまで以上に韓日両国の緊密な協力が必要だ」と明らかにした。

外交部関係者は記者らに2010年バージョンで日本が最後に韓国をパートナーと呼んだと記者たちに話した。 これは2022年、ユン・ソクヨル韓国大統領が就任した後、両国関係が大きく改善されたことを反映したものだという。

両アジア諸国はまた、日本の安全保障に「深刻で差し迫った脅威」をもたらす北朝鮮の核およびミサイルプログラムの発展に対応して、米国との三者安全保障協力を強化してきた。

しかし日本と韓国は東海にあるソウル領有権と東京領有権を主張する一対の島をめぐって葛藤をもたらしてきました。

青書には日本語で竹島、韓国語で独島と呼ばれる孤島を日本の「固有の領土」と記載した。

韓国政府は日本の「反復的な不当な領有権主張」に対して抗議し、日本政府に即時撤回を促した。

これに対して林義正官房長官は記者会見で「私たちは一貫した立場をもとに(デモを)受け入れられないと反対した」と話した。

文書には、北朝鮮問題について、日本は被害者家族の老齢化により北朝鮮が長く続いてきた日本人拉致問題を解決するのに時間を無駄にする余裕がないと明らかにし、岸田首相との早急な首脳会談目標に言及しました。 キム・ジョンウン。

報告書はロシアに対して中国だけでなく北朝鮮との関係を強化しようとする動きに対する警戒心を強調し、特にロシアの侵攻に抵抗しながらウクライナの状況を悪化させることができる北朝鮮の武器移転について強調しました。

抑止力を強化するには、同じ考えを持つ国々と協力し、オーストラリア、インド、NATO加盟国など日米同盟を中心とした「多層ネットワーク」を構築することが不可欠だと付け加えました。


関連プレス:

日本自衛隊、2025年配備のためのトマホークミサイル訓練開始

日首相が米国国防訪問を通じて「未来志向的」メッセージを伝える

韓日・米、東シナ海海上訓練実施


READ  ANALYSIS - 日本の議論となる交差出資、法廷戦後2番目の風
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours