日本、中国の市民拘禁に抗議、海洋措置

1 min read

日本外務相は中国外交長官との会談で北京で日本人が拘禁されたことに抗議し、台湾と日本周辺で中国の軍事活動が激化していることについて「強力な懸念」を表明しました。

林は二日間の中国訪問を通じて両国間の摩擦が大きくなり、3年余りで日本を訪問する初の外交官になった。 彼はまた、日曜日の後半に李昌中国首相と王李最高外交官に会う予定だった。

秦强中国外交部長との会談で、林は先月、中国外交部がスパイ容疑で描写した事件で北京に拘禁された日本製薬会社アステラス製薬(Astellas Pharma)職員の早期釈放を要求した。 どちらも、その人または彼に対する主張の詳細を提供していません。

林は記者たちに東シナ海と南シナ海でますます攻勢を広げる中国の海洋活動について「深刻な懸念」を提起し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調したと述べた。

林は秦の国に経済、文化、人的交流協力が改善される可能性があるが、「多くの問題と深刻な懸念」に直面しており、「現在の日中関係は非常に重要な段階にある」と話した。

両大臣は、去る11月、両首脳の間で合意されたとおり、「建設的で安定的な関係」を達成するために協力することに合意したと林氏は述べました。

両側は地域安全保障でコミュニケーションを改善することに合意し、先週、国防ホットラインの構築と国防会談の再開を歓迎したと林広報氏は語った。

2つのアジアの強大国間の緊密な経済とビジネス関係にもかかわらず、日本がこの地域での中国の影響力の増加を安全保障と経済への脅威と見なしているため、東京と北京は近年よりますます対立しています。

中国外交部は声明を通じて「日本が何らかの形で中国の主権を侵害したり干渉してはならない」とし、中国が自国の領土だと主張する台湾関連問題に日本が関与することを警告した。

ジン主席は強い口調で「台湾問題は中国の核心利益の核心であり、日中関係の政治的基盤とも関連がある」と話した。

日本は台湾を正式に認めていませんが、島と強力な非公式の関係を結んでいます。 台湾海峡の地域安定に対する懸念を表明し、いくつかの著名な議会代表団を台北に派遣しました。

日本は、日本南西部の島と東京と北京が領有権を主張し、近年防衛を強化した紛争東シナ海島に隣接しているため、中国の台湾侵攻の可能性についてますます懸念しています。

日本海岸警備隊は、週末の声明で、中国海岸警備隊3隻が、中国が大五位と呼ばれる尖閣列島周辺の日本統制海域に進入したと明らかにしました。 日本警備艦は、日本漁船2隻を守りながら引き続き去るよう要求したと海警は明らかにした。

Qinは、企業が政府の許可を受けることを要求する半導体製造装置の新しい輸出管理について日本を非難した。 米国は同様の措置をとり、日本は自主規制についてワシントンと協議した事実を認めた。

ジン長官は「米国はかつて日本半導体産業を残酷に弾圧するためにいじめ戦術を使用し、今は中国に対して同じ手法を繰り返している」とし、日本が米国の手先にならないよう促した。 「自分にしなかったことを他人にしてはいけない」

Hayashiは、この措置が特定の国を対象としていないと述べました。 しかし、それは高度な半導体製造が中国産業の手の届かないところにあるようにするための米国主導の合意の一部と考えられています。

中国を訪れた最後の日本の外務相は、2019年の林の前任者の茂木豊見だった。

___

Wuは台湾の台北で報告しました。

___

https://apnews.com/hub/asia-pacificでAPのアジア太平洋プレスの詳細をご覧ください。

READ  高度計算錯誤で月着陸失敗、日本スタートアップが明らかにする
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours