日本、中国の技術提案にもかかわらず、核で汚染された排水の無責任な海の放流の選択:業界内部者

1 min read

中国公正院の元社であるイェチジョンが2024年7月10日、北京で開かれた中国核発電開発フォーラムで演説している。 写真: Fan Anqi/GT

中国原子力産業関係者らは、水曜日に北京で開かれたグローバルタイムズとのインタビューで、中国が日本に福島第一原子力発電所の三重水素排水処理技術を提案したが、日本はコストがかかるため、結局最も簡単で安価な方法である海に放流することを選んだと言いました。

水曜日に開かれた中国の原子力開発フォーラムで、中国工程院のYe Qizhen糸は中国が現在高濃度三重水素廃棄物を分離して処理する技術を開発しており、他の廃水と混ざらないようにしていると述べた。

処理できない少量の高濃度トリチウム廃棄物について、中国はガラスカプセル化、トリプルエンジニアリングバリア、地下400〜500mの深さに埋め込み、生物圏から厳密に隔離された状態で貯蔵すると予報担当者は述べた。 これは約12.5年ぶりに自然に半分に崩壊するからです。

もう一つのアプローチは、核融合炉の開発と医学研究、特にがん治療に再利用できるように三重水素をさらに濃縮することだと、専門家はグローバルタイムズに語った。

「これまで日本側に三重水素処理計画を提案した」 Yeは言った。 「しかし、彼らの排水は海水の摂取に関連しており、何百万トンもの汚染水が発生し、そのような解決策のコストは彼らが余裕があるよりも多かったです。なしで海に放出するのです。」 Yeは指摘した。

2022年、中国原子力発電所で日本の麻痺した福島第一団地で計画された年間放出量より最大9倍高い水準の三重水素を含む排水を放出したという外信の誇張報道に対してYeは二人は「根本的に異なる」と言いました。

福島の廃水は核分裂生成物を含む核廃棄物で汚染され、制御できません。 一方、中国の廃水は適切に処理され、カプセル化された核分裂生成物が含まれています。 それでもいくつかの放射性物質が放出される可能性がありますが、規制基準を満たしており、寿命が短いです。

「彼らがすることはまさにこうだ。 [Japan] 概念を混乱させ、誤解を招く情報を提供し、注意を払おうとしています。」とYeは言いました。

福島汚染水に対する国際原子力機関(IAEA)の評価について例は問題があると述べた。 評価は、主に外部検証なしで発電所の運営者であるTEPCOが提供した資料に基づいているという事実です。 したがって、例は、廃棄物の包括的で客観的な評価を行うために、第三者監督に対する国際協力を促しました。

READ  XDefiantレビュー(PS5)| プッシュスクエア
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours