トップニュース

日本、中国の軍事行動強化に熱感

日本国防部はこの1年間、中国とロシアの航空機の領空侵犯の可能性を防ぐために2回目に多くの時間を費やしたと明らかにした。

岸野武夫防衛賞は、金曜日の記者たちに日本航空自衛隊が3月に終わる12ヶ月間接近する外国航空機を迎撃するために1004回出撃したと明らかにした。

自衛隊のスクランブル戦闘機は、2016年に1,168回の記録を残しました。

中国空軍は全体の70%を占める722回で最も多く侵犯すると脅した。 日本公営放送のNHKは、人民解放軍の便が前年度より260便以上増加したと伝えた。 一方、ロシア軍用機は日本迎撃機を266回、8回増加させた。

Kishiは、残りの16台のJASDF出撃を引き起こした航空機の国籍を明らかにしませんでしたが、日本の京都ニュースによると、PLA飛行の大部分は偵察と情報収集の目的であったと述べました。

日本の防衛省は、北京の「強化活動」がますます「多様化され、洗練されている」と語った。 「中国では、無人機を急速に開発する動きが見られた」

同管理は、中国とロシアの爆撃機と護衛隊が3年連続で日本近くで合同飛行訓練を実施したと伝えた。

日本航空自衛隊所属のF-35戦闘機が2018年10月14日、日本埼玉県にある日本陸上自衛隊浅坂キャンプで軍事検討に参加している。 自衛隊戦闘機が1,000回以上出撃した。 岸野武夫日本防衛賞は2022年3月を含め、日本領空に接近する中国とロシアの航空機の大部分を迎撃すると15日明らかにした。
ゲッティ画像によるKAZUHIRO NOGI/AFP

ウクライナ侵攻でロシアに対する西方の制裁に参加し、余震の一環として東京で外交官を追放した日本は、クレムリン宮の核脅威と東海での巡航ミサイル実験を激しく見守っている。

東シナ海で日本はまた、中国がディアオユ(Diaoyu)と主張する日本統制尖閣列島周辺海域で増加する中国海岸警備隊と海上民兵隊の侵入と戦っています。

南側から台湾はまた、中国、日本、韓国でも使用される自己宣言バッファである防空識別区域の南西コーナーでPLA航空機の奇襲が驚くべき増加を記録しました。 航空機。

台北は昨年1月から12月の間にほぼ1,000回の中国空軍出撃をADIZに記録したが、これはデータが2020年9月に公開されて以来最高記録で、約380回の飛行があった年です。

昨年の武力披露(防衛計画家が心理的およびハードウェア消耗戦争であると信じるものの一部)には、5日間に150回のPLA飛行が含まれました。

日本の観測とは対照的に、台湾は過去数年間、他のどのタイプの航空機よりも中国の戦闘機に警告するために迎撃機を混乱させました。

READ  オリンピック反対請願、日本で数万人の署名獲得 - NBC Chicago

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close