トップニュース

日本、中国をサポート孔子学院を目指し

東京 – 日本の当局は、このグループが、中国の宣伝ツールという懸念に照らして、大学のキャンパスで運営されている孔子学院で知られている北京支援教育機関のための検討を行う予定です。

日本の文部科学省は、機関を主催する大学に資金、参加学生数と大学の研究介入するかどうかなどの情報を提供するように要求します。 質問リストは年末までに策定されます。

政府の宣伝の拡散への懸念に加えて、東京は個人の交流を通じて、技術が中国側に流出するという懸念もある。 この動きは、米国と欧州が自国で研究所の活動を規制しようとするに応じています。

ハギオダ光一教育相は「米国と欧州のように共通の価値を共有する国で、より多くの情報を入手したり、機関を廃止しようとする努力が増加している」と述べた。 「組織の管理と研究プロジェクトの透明性を高めるために情報公開を促します。」

中国は文化や言語を伝播して、ソフトパワーの範囲を拡大するために、2004年に全世界に研究所を設立し始めました。 この組織は、約160の国と地域に約500の支部を持っています。 日本では早稲田大学、立命館大学など14個の私立大学に孔子学院があります。

学位を提供していないため、組織は、承認を求めたり、政府に登録する必要がありません。 キャンパスに塾を開設することは、大学での一般の授業を提供するのと同じくらい簡単であるため、政府が活動を追跡することは困難である。

有村治子前国務長官は、5月の上院委員会の会議で孔子学院が「他の国の安全保障の脅威に認められている」と指摘した。 次にArimuraは、関連省庁や機関が組織を監視するために協力することを提案した。

文部科学省高等教育局長羽咋よしのりは、議会に「 [other countries] 中国を除く孔子学院のような文化拠点の構築」

東京の私立大学の関係者は、日経に中国から学校の設立を要請したが断ったと述べた。 行政的な観点から見ると、中国のパートナー大学の学生のパイプラインを構築するため、キャンパスの孔子学院をしておくと良さがあります。

しかし、関係者は「台湾、香港、新疆ウイグル自治区の研究をする干渉受けることができる」と付け加えた。 関係者は、彼の大学が台湾​​の学校との交換プログラムを構築すれば、中国の資金支援が中断される可能性を考慮したと述べた。

米国はすでに研究所の取り締まりを開始しました。 3月の上院は、組織の監督を強化する法案を可決した。

この法案は、新しい監督規則や規制を遵守していない孔子学院が大学と大学の連邦資金を削減することです。

米国のキャンパスのチャプタ数は2017年に100個以上の2021年5月47個に減少しました。

オーストラリアはまた、国家の利益に反すると見なされる場合の機関と契約したコラージュや地域の署名を解体することができる法律を可決した。

READ  Roster Snags 2400無料予選

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close