日本、中国・北朝鮮の懸念で米国トマホークミサイル購入推進

Estimated read time 0 min read

日本が2025年から米国からトマホーク巡航ミサイル導入を開始する。 北朝鮮や中国など周辺国の安保脅威が大きくなり、購買計画を1年早める。 報告済み

国防長官 木原みのる 彼は水曜日にアメリカを訪問し、相手に会うために記者たちに言った。 ロイドオースティン 二人は2025年4月から始まる会計年度にトマホークミサイルを購入することで「認定を共有」した。 この取引は米国議会の承認を受けなければならない。

READ  日本が外国人観光客に再開するにつれて、マスクの指示はあいまいです。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours