トップニュース

日本、中国・韓国など34カ国旅行警報緩和





この2021年1月21日の写真は、大阪府関西国際空港の出国ロビーを示しています。 (毎日/鶴見康人)

日本政府は、金曜日に中国、韓国、インドを含む34カ国へのコロナウイルス感染症への旅行の警告を軽減し、日本の居住者に不要になった国への旅行を控えるように要求しません。

外務省はフランス・ドイツ・イタリアなどヨーロッパ11カ国に対する旅行注意報を4段階から最低1段階に一段階下げ、該当地域を旅行する日本人たちに「全心注意を傾けろ」と勧告した。 」

レベル 1 カテゴリに属する​​領域の総数は 70 に増加しました。 日本は5月末にアメリカ、イギリス、カナダ、香港を含む36カ国と地域を最低水準に移しました。

韓国に対する警報が緩和されたのは、ソウル金浦空港と東京羽田空港間のフライトが再開されてから2日ぶりになされた。 コロナ19によって2年以上活動が中断された。

一方、台湾、インドネシア、オーストラリアなどアジア・オセアニア16カ国とヨーロッパ27カ国など90カ国と地域が2段階警報を受けている。 すべての旅行を控えるように3段階の注意報道41カ国すべての変動はありません。

READ  コンセンサス構築者Fumio Kishida、日本の次期PMになる態勢:NPR

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close