トップニュース

日本、中国条約の懸念にソロモンへの使節派遣

日本が中国と締結した安保協定で中国の軍事的影響力が大きくなる可能性があるという懸念の中で、ソロモン諸島に外務省次官を派遣する。

上杉元太郎外務省次官のソロモン諸島訪問は、中国との安全保障協定が米国や米国に脅威になる場合、米国が南太平洋諸国に対して具体的でない措置を取ると警告した上級米国代表団の訪問に続いて行われた。 。 同盟の利益。

林吉正(Yoshimasa Hayashi)の外務大臣は、金曜日「私たちは今回の合意がアジア太平洋地域全体の安全保障に影響を及ぼすと信じている」と話した。

上杉はソロモン諸島を訪れる際に、安全保障協定に対する日本の懸念を伝え、量子及び地域問題について議論することが予想されます。

日本は東シナ海と南シナ海でますます強力になる中国の軍事活動を世界で最も忙しい海上航路に対する脅威と見ています。

日本は特に中国が主張してディアオウィと呼ぶ日本支配の尖閣列島付近の東シナ海で中国軍と海岸警備隊の活動を懸念している。

日本は、近年、中国の影響力の拡大に関する懸念を共有するオーストラリア、インド、フランス、イギリス、ドイツを含む他の西側パートナーとの安全保障協力を大幅に強化し、合同訓練を拡大しました。

READ  Korda Sisters、オリンピックのためにアメリカ人4人を日本にインドの - NBCシカゴ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close