日本、中国間の地域レベルで交流を活性化

1 min read

経済


北京、5月20日(支持通信) – 台湾問題、中国の水産物輸入禁止など外交的緊張が続く中、アジア国家間の国家レベルの交流がほぼ中断された中、日本と中国の地方政府指導者たちが活発に交流している。 日本。

コロナ19ファンデミックで両国経済が煽る状況で、地域指導者たちは相互投資と経済絆の強化を促してきた。

中国にある日本消息筋によると、去る3月に終わった昨年度には日本国内の知事と市場60人余りが中国を訪問した。 これらの県・自治団体長らの中国訪問は昨年7月ごろから活発で、今年も旺盛に続く予定だ。

「(中国の)北東部地域は今後数年間成長すると予想されています。私たちは確かにそのような推進力を得たいと思います」と富山県知事の八幡日田は先週、北京でJiji Pressとのインタビューで語った。 彼は日本中部県と友好関係を維持している中国北東部遼寧省訪問を控えて演説した。

デニ玉木沖縄知事も昨年7月、福建省を、杉本達司福井知事は同年10月末から浙江省を訪問した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  中国と日本はインフレの階段を通過
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours