日本、中央アジアでより多くの労働者を受け入れる

Estimated read time 1 min read
読売新聞ファイル写真
ベトナムのスタッフが5月に東京品川区で開かれたMos Food Services Inc. トレーニングセッションでフライドポテトの包装方法を学びます。

政府は、部分的には、外国人が肉体労働を含む仕事をすることを可能にする「特定熟練労働者プログラム」を通じて、中央アジア諸国からより多くの外国人労働者を誘致することを目指しています。

林吉正外務相は24日、東京で日本外務長官と旧ソ連中央アジア5カ国間の会談でこのような方針を発表する予定だ。

ウズベキスタン・カザフスタン・キルギスタン・タジキスタン・トルクメニスタンなどの自立を促し、域内影響力が強いロシアと中国を牽制するためのものと解釈される。

林は、日本が「人への投資」と「成長の質」を強調しながら、中央アジアの持続可能な発展に貢献すると言うことが期待される。

日本は2019年にウズベキスタンと人的資源の受け入れに関する協力覚書を締結し、他の4カ国と同様の文書を締結するための議論を推進する予定だ。

ロシアは中央アジアを自身の勢力圏とみなして圧迫してきた。 ロシアには多くの中央アジア移住労働者があり、彼らが本国に送金するお金はその国の経済を支えています。

日本は、自国でより多くの外国人労働者を受け入れ、「労働者が技術を取り戻して本国で活用できるようにすることによって」、ロシアへの依存度を下げたいと外務省の上級関係者が語った。

中央アジアは石油をはじめとした豊富な天然資源を誇るが、輸出はほとんど隣国中国とロシアに限られてきた。 土曜日の会議で、Hayashiはまた、5つの国が輸出市場を多様化し、脱炭素化技術の開発に協力するのを助けると日本が発表すると予想されています。

READ  東京2020オリンピック・パラリンピックとコロナウイルス
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours