理科

日本、予防接種を逃した住民にHPV予防接種無料提供

保健省パネルは、月曜日に女性が国家の無料予防接種プログラムを見逃した場合、子宮頸がんの主な原因である人乳頭腫ウイルス(HPV)に対する無料予防接種を提供することに合意しました。

政府がプログラムへの積極的な勧告を中止している間、無料のHPVワクチンを接種せずに適格年齢を通過した女性について、次の会計年度の4月以降に特別な「追跡」措置が始まると予想されます。

パネルは、この法案の適用対象でなければならない女性の範囲と、プログラムの資格を喪失した後に接種費用を支払った女性をどのように処理するかについて議論しました。

多くの議員は、1997年から2005年の間に生まれた女性のうち、政府がワクチン接種プログラムへの積極的な勧告を猶予する期間中、資格のある女性を対象に追撃措置を取らなければならないという意見を出しました。

日本は2013年4月、小学校6年生から高校1年生まで女児を対象に無料HPV予防接種プログラムを導入した。

しかしその年6月には受益者の間で痛みなどの症状が相次いで提起され、積極的な予防接種勧告を中断した。

2017年3月に終了した2016会計年度には0.3%まで落ちた。

金曜日、教育省の専門家パネルは積極的な勧告を再開することにしました。

パネルはまた、予防接種後に症状を経験する女性を支援するために病院の教育を強化し、カウンセリングサービスを強化することに合意した。

教育部は今週中に再開するかどうかを最終決定する予定だ。

約3,300人の受益者または10,000人あたり9人が接種後に疑われる副作用を報告しました。 女性団体が症状を理由に政府と製薬会社を相手に訴訟を提起した。

先月保健部パネルは、人乳頭腫ウイルスワクチンの安全性と有効性が国内外で確認され、積極的な広報を妨げる要素がないことに合意した。

2015年、世界保健機関(WHO)は、若い日本女性が子宮頸がんの予防に無防備状態だったと述べ、積極的なHPV予防接種の広報中断について警告した。

日本産婦人科学会もHPVワクチンを早期に導入した国でワクチン接種者の感染率が急激に低下したと政府にHPV予防接種の広報再開を促してきた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  スペースX野口さんを乗せてISS到着賭けに勝ったNASA | ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close