スポーツ

日本、予防接種率50%通過、11月に制限緩和の可能性| ニュース、スポーツ、採用情報

TOKYO(AP) – 日本政府は、人口の50%以上が完全に予防接種を受けたと言います。

日本のワクチン発売は長い臨床試験の要件と承認プロセスのために多くの豊かな国よりも数ヶ月後、2月中旬に開始されました。 4月から始まった高齢者対象の接種も輸入ワクチンの供給不足に停滞したが、5月末から再び回復され、1日に100万接種を達成した。

コロナ19対策を総括している西村康豊島経済上はNHK公営TV週間トークショー日曜日に「9月末までに人口の約60%が予防接種を受けることが予想され、これは、欧州の現在のレベルと似ている」と述べた。

政府は、人口の大多数がワクチンを完全に接種することが予想される11月頃に制限を緩和するためのロードマップを研究しています。 ワクチンを完全に接種した人と音声判定を受けた人は、旅行をしたり、パーティーのために集まったり、大規模なイベントに参加することができます。

予防接種の発展は、高齢者の間で深刻な事例と死を減らすのに役立ちましたが、ウイルスの亜種の感染は8月に、若い世代の間で爆発的に広がりました。

日本は先週の金曜日、東京や他の18の地域で進行中の緊急事態を、9月30日まで延長しました。 日曜日終了する予定でした。 この措置は、レストランが早くドアを閉め主流を提供しないようにする要求に焦点を当てる。

日本は封鎖せずに病気と死を抑制するために、他の先進国よりもはるかにうまくいった。 累積確定者数は165万5000人、死亡者は1万6700人を超えた。

受信トレイで、今日の速報など

READ  ルイス・ハミルトン「ホンダのF1撤退は環境対策の必要性を示した "[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close