理科

日本、予防接種費用効率の考慮を促す

財務省は、水曜日に調達された容量が人口全体に必要な量を超えるため、国はCOVID-19ワクチン接種の費用効率を考慮する必要があると述べた。

省庁は、国家の社会保障コストを抑制する方法を議論するために、財務大臣を助言する財政システム協議会の小委員会で問題を指摘した。

これまで政府は8億8,200万個のコロナ19ワクチンを確保するために2兆4000億円を割り当てており、これは1回接種に2,700円を若干上回る金額です。

保健省はファイザーでワクチン3億9900万ドーズとモダナワクチン2億1300万ドーズを確保した。 また、Novavax Inc.のワクチン1億5千万ドーズとAstraZeneca PLCのワクチン1億2千万ドーズを購入することに合意しました。

Novavaxワクチンは、日本の製造業者である武田薬局が提供しています。

Takedaが作成したNovavaxワクチンは、まだ日本での使用に対する規制承認を得ていません。 政府がアストラジェネカワクチンの遅い発売を理由に4千万ドーズの購入を取り消した。

保健省の上級関係者は、月曜日の国会本会議で「国際社会の熾烈な調達競争の中で危機管理の一環としてコロナ19ワクチン確保のために努力している」と話した。

予防接種のための費用分担も水曜日の小委員会会議で議論されました。

財務省によると、注射当たり約3,700円が医療機関に支給され、全額国家財政で充当されます。

コロナ19以外の予防接種費用は、自治体や個人が負担することが多い。 保健福祉部は、コロナ19事態が落ち着いた後、コロナ19予防接種費用を誰が負担すべきかを議論する必要性を強調した。

一方、日本でコロナ19予防接種を1回以上受けたことがある日本国民の54%が4次接種を望むと民間調査で明らかにした。

Nexer Inc.の調査は3月24日から4月6日までオンラインで行われ、日本全域の1,200人を対象としていました。

調査によると、回答者の42.9%が3次接種を行い、41.2%は2次接種、0.2%は1回接種した。

コロナ19ワクチンを接種したことがない人は15.8%を占めた。

コロナ19ワクチンを1回以上接種した1,011人のうち53.7%が政府が4次接種を始めたら4次接種をしたいと答えた。 政府は現在、4次接種を準備している。

合計16.1%は4回目の注射を受けたくないと答え、30.2%は未定だった。

4次予防接種を望んだ理由については、コロナ19保菌者と密接に接触したが、コロナ19陽性反応が出ず、ワクチンが効果があると感じたという反応も出た。

他の人々は、効果的なCOVID-19治療薬が出るまでワクチンを接種し続ける必要性を感じたと述べた。

一方、一部の回答者は、以前の予防接種のために深刻な副作用を経験したため、4次接種を望まないと述べた。 いくつかでは、予防接種は終わりがないと思うと言いました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Vineet Chopra、MD、医学部学科長に任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close