スポーツ

日本、事例の急増により、ウイルス緊急地域を追加拡張| スポーツ

東京(AP) – 日本はデルタの亜種に起因する感染症の急増が国の医療システムに負担をズームに応じて、水曜日にコロナウイルス緊急事態を2週連続で拡大する予定です。

政府は先週、緊急事態を9月12日まで延長して対象地域を東京を含む6つの都道府県で13都道府県に拡大した。 他の16の県は、現在準緊急状態です。

政府は水曜日の専門家会議で8つの県を与えた緊急状態で完全緊急事態に格上げすることを提案した。 その県には北の北海道と宮城、日本の中部の愛知と岐阜、西の広島と岡山が含まれます。

この提案は、承認されると予想され、水曜日遅く正式に発表されました。

日本の緊急事態はレストランが夜8時にドアを閉め主流を提供していない要件に依存しているが、その措置は、ますます無視されています。 大衆と雇用者のため実施できない社会的距離を置くと、在宅勤務の要求も慢心が大きく、ほとんど無視されています。

日本の首都は、7月12日から緊急事態を宣言したが、その後、一日の新規感染者が10倍以上増え、東京約5000人、全国25000人に増えた。 病院のベッドはすぐにいっぱいになっており、補充酸素が必要な一部の人々を含む多くの人々が今、自宅で回復してください。

東京の35,000人以上の患者が自宅で回復中約3分の1が、すぐに病院やホテルを見つけることができません。 専門家は、財政の理由や感染症の治療能力が不足するため、少数の病院だけがウイルスの患者を収容していると言います。

日本は開始以来、全国で約15,600人が死亡し、他の多くの国よりも伝染病をよりよく克服したが、ワクチン接種の努力は、他の豊富な国に遅れています。 人口の約40%が完全に予防接種を受け、主に高齢者です。

西村安豊島ギョンジェジェ正常(ギョンジェジェ正常)もコロナ19対策を総括しており、ワクチン接種を受けていない20〜50代の間で感染が広がっていると水曜日発表した。 彼はそれらに特別の注意を促した。

彼は「明日感染する可能性もある想像してください」と言った。

政府の最高医療顧問のShigeru Omi博士は学生十代の間に増加する感染が夏休み後の学校に戻る開始し急増を加速することができると言いました。 彼は学校に活動を縮小して高校や大学にオンライン授業に戻ることを促しました。

彼は水曜日の国会で「東京の感染が減っ兆しが見えずあり、真剣にタイトな医療システムは、当分の間続くだろう」と述べた。

政府は、国民の強い反対にもかかわらず、今年の夏、東京オリンピックとパラリンピックを開催したことに対して批判に直面している。 関係者は、ゲームや感染症が急増間の直接的な関連性を否定しています。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することができません。

READ  ツアーがバンコクの密室戻ります。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close