スポーツ

日本、五輪国内観客決定近いうちに決定

人々は2021年6月11日、日本東京でコロナウイルス(COVID-19)勃発により、2021年に延期された東京オリンピックのために建設されたオリンピック競技場(国立競技場)のセキュリティフェンスの外に歩いていきます。 REUTERS / Pawel Kopczynski

  • 最大10,000人の現地の観客を考慮する公務員
  • 今月の決定が下されます – 政府
  • 大阪支社、「あまりにも簡単に「緊急解除反対

政府のスポークスマンは、専門家がイベントに最大1万人の観衆を可能にする計画に署名した後、日本が今月、東京オリンピックで、国内の観客を許可するかどうかを決定することを明らかにした。

加藤ガッツノブ閣僚は記者団にコロナウイルス感染の状態と亜種の有病率を考慮して、オリンピック参加の最終要求がなされると述べた。

西村安豊島経済長官は、健康の専門家がイベントで最大1万人の観客や会場の容量の50%を可能にする政府の計画に同意したと語った。 しかし、そのような群衆を許可することは効果がある特別な感染制御がないことにかかっています。

日本政府とオリンピックの関係者が「安全な」ゲームになると約束した措置の一環として、外国人の観衆は、すでに7月23日から始まるオリンピックを禁止しています。 もっと読む

大陸全域の競技場が一ヶ月の間に繰り広げられることが予想されるため、東京主催側はサッカーの欧州選手権を羨望することも許されることができます。

火曜日、67,000人の支持者が、ハンガリーはユーロ2020開幕戦で、ポルトガルを占めることを守ってみました。 他の国では、準決勝と7月11日の決勝戦の両方ロンドンウェンブリー・スタジアムで行われることが予想される最大45,000人の観衆を可能にしています。

政府の最高医療顧問であるShigeru Omiは水曜日コロナウイルス対策の記者会見を開く予定だと内閣府は明らかにした。

近江は、最近数週間の間に大流行期間中、オリンピック開催の危険性について率直に話し、彼と他の専門家の指示が国際オリンピック委員会に伝達されなかった言いました。

IOCは東京に来るほとんどの運動選手とメディアが予防接種を受けるものであり、参加者の衛生、移動およびテストを管理する、いわゆるプレイブックが感染のリスクをさらに軽減すると言ったことで、これらの懸念を落ち着かせようと努力しました。 もっと読む

オリンピックは4次感染の後の起動時に、主催者がボランティア、運動選手、公務員と日本人の安全をどのように保護することができるかどうかの懸念で、すでに1年延期された。

東京、大阪、その他の8つの県は6月20日に終了する緊急事態に直面しています。

吉村博文大阪支社は水曜日緊急宣言を「とても簡単」を無効にすることに反対して感染反発を避けるために与えた緊急措置を要請すると付け加えた。 もっと読む

日本の不振の予防接種の推進は遅く開始されており、最近の世論調査では、オリンピックが行われることを認めています。

山口県南西部にある防府市は高校生が、セルビアのバレーボールチームの試合前のトレーニングをサポートするために、ボランティアする前に、残りの地域よりもはるかに前に高校生を予防接種しているNHKが報道した。

ギムチャンラン記者; Himani Sarkar編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Serena Williams、Australian Openチューンアップで簡単に通過

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close