トップニュース

日本、亜種を通じてS.アフリカからの旅行を制限

日本政府が11日、南アフリカで新種コロナウイルス感染症(コロナ19)変種を発見した南アフリカ共和国と近隣5カ国から来る入国者に対する制限を強化すると政府広報担当者が金曜日明らかにした。

松野宏和官房長官は記者会見で最近ボツワナ、エスワティーニ、レソト、ナミビア、南アフリカ共和国またはジンバブエを訪れたことのある旅行者は到着後、政府指定施設で10日を送らなければならないと話しました。

土曜日に発効する今回の措置は、B.1.1.529として知られるコロナウイルス変種の拡散に対する懸念が大きくなる中で出てきたもので、伝染病専門家らは、この変種は以前の変種より伝染性が強かったり、既存ワクチンの効果が低下する可能性があると警告します。

松野博和官房長官が2021年11月26日、東京首相官邸で記者会見を行っている。 (刑務所)

イギリスは南アフリカ共和国6カ国から出発するすべてのフライトを一時的に中断し、世界保健機関(WHO)は特別会議を招集してこの変形を議論した。

政府が指定した施設を離れた南アフリカや近隣諸国から来た旅行者は、感染しないように自宅で4日をさらに隔離する必要があります。 以前は14日とも家で過ごせました。

READ  9回表2死からメヒアの劇的弾ライナーで逆転! 埼玉西武が少なく、カード逆転[8/30 경기 결과]- スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close