日本、亡命申請者の繰り返し拒否後に強制送還を許可する難民法変更承認

Estimated read time 1 min read

東京(AP) – 金曜日、日本議会は、難民の地位を2回拒否された亡命申請者を強制送還するための移民および難民法の改正を承認しました。

岸田文雄首相が率いる与党など保守政党は強力な反対にもかかわらず圧倒的多数で改正案を通過させた。

岸田の自由民主党とこの改正案の支持者たちは、難民地位に該当しない外国人が日本に長く滞在できるように、複数の申請を許可する現制度で継続して再申請をする外国人を迅速に本国に送還できるようにしてくれると言います。 違法滞在者が出入国管理所に長期間拘禁されることを防止するための改正案といいます。

反対論者たちは、本国に送還されると、迫害を受けたり、死に直面した人たちが本国に送還される可能性があると言います。 この法律は、政府が2番目の難民地位要求が拒否された後に滞在するための合理的な根拠があることを証明できない人々を追放することを可能にします。

難民法案は、金曜日の投票期間中、議会の内外で抗議を引き起こした。 数十人のデモたちがプラカードを持って建物の外に立って「悪い改正を中止せよ!」と叫んだ。 そして「請求書を破棄してください!」 国会では野党議員たちが交互に抗議演説をした。

これとは別に、岸田内閣は金曜日に外国人労働者に認められる職種の範囲を拡大し、将来の永住権の扉を開く計画を承認した。 急速な高齢化と人口減少。

この計画は漁業、農業およびホテルを含む9つの付加的な産業で外国人労働者を可能にします。 日本に5年以下で在留できるビザをお持ちの方は、語学・技術試験に合格すれば、家族を日本に連れて行くことができるより長いビザにアップグレードすることができます。 移民国によると、3月末に約15万人の外国人労働者がより制限的なビザを所持していた。

1億2,500万人を超える日本の人口は16年間減少しており、2070年には8,700万人に減少すると予想されます。 人口減少と高齢化は、日本がますます強硬になる中国の攻勢に対応するために軍隊を強化しようとしているため、経済と国家安全保障に大きな影響を与えます。 領土の野望。

移民国統計によると、日本は2022年に202人の難民を受け入れたが、これは選別された10,195人のうち2%未満です。

これに先立ち、2021年の難民法を改正しようとする試みは、日本中部名古屋の移民拘禁施設に収監されたスリランカ女性が繰り返し胃腸問題を訴えたにもかかわらず、適切な治療を受けずに死亡した後、騒乱を吸う中で保留された。 そして明らかな健康低下。

READ  ミャンマーゴールキーパー、日本の亡命許可:プレス、スポーツニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours