トップニュース

日本、人々がCOVID-19ワクチンを選択できるように計画を敗

日本が外国の製造業者からCOVID-19ワクチンをタイムリーに調達するのに苦労することにより、政府は、ワクチン接種者がまだ決まっていないと言いながら、人々がどのようなワクチンを合う選択できるようにする計画を後押ししました。

予防接種キャンペーンの小林史明高位関係者は日曜日TV番組で、政府が各予防接種の場所でどのような種類のワクチンが提供される情報を提供することで、人々に選択を与えると述べた。

小林は副作用の懸念のために、予防接種を気に人々があると述べた。 「私たちは、人々が選択できる環境を作ることです。」と彼は言いました。

しかし、火曜日にワクチンの発売を担当する河野太郎長官は、そのような計画を拒否した。 “それは完全に間違っている。 私はそのコメントを撤回し謝罪したい」とKonoは記者会見で語った。

全国の予防接種キャンペーンは、医療スタッフをはじめと2月に開始された。 高齢者のための接種は4月12日にPfizer Inc.の注射を使用して開始される予定です。 AstraZeneca PLCとModerna Inc.も日本での使用を承認されたワクチンを申請しました。

Konoはまた、人々が実際に接種するワクチンを選択することができているという印象を与えることができますので、保健省のウェブサイトの情報を修正するように促したと述べた。

日本は月曜日ワクチン発売の最初の段階で医療従事者を継続接種し、7番目のファイザーワクチンを受けた。

65歳以上の人々のための予防接種は、全国的に4月12日に開始される予定だが、最初のリリースでは、地域レベルで制限されて不均一ないとKonoは月曜日のインタビューで語った。

「非常に遅くなります。」Konoは言った。 「県知事は、システムをチェックし、すべての市町村が予防接種を受けることができるようにゆっくり行け要請した。 “

発売を遅らせるか、時間のかかる問題は、医師がワクチン番号を追跡するための新しい技術システムを学ばなければならないということです。

日本はまだCOVID-19ワクチンを医療従事者に限定しており、月曜日の基準で780,000以上の最初のワクチン接種が日本で投与されています。 これは1億2千5百万人以上の居住者の1%未満を占める数値です。

日本の予防接種計画は、他の先進国およびアジア周辺国に比べて遅い速度で綿密に検討された。 特に東京は、7月のオリンピック開催を準備しながら、ほとんどの人がいつ、ほとんどの人が予防接種を受けるかのスケジュールがありません。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  DHL Global Forwarding JapanとANAパートナー、日本にファイザーCOVID-19ワクチン納品

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close