日本、人口減少で1%以上のGDP成長、賃金引き上げを追求

1 min read

日本は最終的にデフレを終息させる上で決定的な賃金引き上げを維持するために「すべての政策手段」を動員し、人口が急激に減ると予想される渦中でも経済が持続的に1%以上成長できる道を開くだろうと政府政策の青写真の草案が明らかになった。 火曜日。

最近の経済および財政政策の青写真では、政府は2030年度までをすでに世界で最も早く老齢化されている社会の一つである日本が戦略的投資を通じて労働力不足を解決し、成長の可能性を高める上で重要な時期と見ています。

日本の潜在成長率は現在約0%と推定されていますが、日本が財政を管理し社会保障サービスを提供し続けるには、インフレを考慮した1%以上の成長率が必要と考えられます。

この計画は去る3月、日本銀行が17年ぶりに金利を引き上げた後、負債返済費用がさらに増えると予想される中、先進国のうち最悪の財政健全性を回復しなければならないという点を強調したものです。

岸田文夫(左から2番目)日本首相が2024年6月11日、東京首相室で開かれた経済財政政策協議会で演説している。 (刑務所通信)

政府は今回の計画草案で2025会計年度の財政健全性指標である1次予算黒字を達成するという目標を維持し、現在その達成を目前にしている。 現在、経済規模の2倍を超える未払国家債務を着実に減らすことを約束しました。

火曜日経済財政政策協議会で提出されたこの文件は与党との協議を経て6月21日最終確定されると予想される。 最終版は、政府が今後数年間にわたって経済と財政政策を管理するために使用されます。

草案はさまざまな政策優先順位をカバーしていますが、それを達成する方法の詳細は不足しています。

それにもかかわらず、1~3月四半期に600兆円(3兆8000億ドル)に達しなかった経済は、適切な政策措置が取られ、安定した2%インフレが達成されれば、2040年頃の名目上1000兆円まで成長することができる。 追加しました。

この青写真は日本が公式にデフレとの戦いを終え、賃金と物価引き上げの好循環が行われる経済を実現する「絶好の機会」を日本が捉えている時点に出たのだ。

岸田文夫(Kishida Fumio)首相は、強力な諮問団会議で「今は新しい経済段階に進む時」と話した。

岸田首相は富の再分配を優先し、日本企業に賃金引き上げを促してきた。 政府は今年の労使間賃金交渉で現れた強力な上昇勢いを維持しようとしており、これは生活費の上昇で打撃を受けた世帯にとって非常に重要であろう。

岸田首相の経済運営方式に対する大衆の不満を緩和するため、政府は去る6月に4万円の所得税及び住民税の引き下げを始めたが、アナリストはこれを一時的な解決策と見ている。

最近の文書は現在、1,000円程度の時間当たり最低賃金を2030年代半ばという目標より早い時期に1,500円に引き上げ、就職を促進し、賃金引き上げ方法で人材の再教育を促進することを目指しています。 人力難解消のために自動化とデジタル化も推進している。

コロナ19ファンデミックでチップなどの核心品目への中国依存度が高まり、経済安全保障の必要性が強調されると、日本は戦略的に重要な品目への投資を強化し、同盟国である米国、米国とサプライチェーンを強化するための努力を強化する。来ました。 同じ考えを持つ他のパートナー。 これにより熊本県に工場2ヶ所を建設するため、台湾半導体体制株式会社(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.)に財政支援を提供することにした。

ドラフトは、生産量を増やし、チップと人工知能の分野で研究開発を行うためには、企業の投資に対する「長年の大規模な」支援が必要であると強調しました。 次世代チップの大量生産を支援するために、「必要な立法措置」が検討されると述べた。

日本はまた、成長潜在力の高い新興国と開発途上国(南半球(太平洋図書国、アフリカ、中央アジアなど)を含む)との関係を深める戦略を「根本的に強化」しようとしている。

ロシアのウクライナとの戦争と中東紛争によってエネルギー安全保障の懸念が提起されたため、資源不足の日本は再生可能エネルギーと原子力を「最大限に活用する」と述べた。 しかし、2011年の福島事故以降、ほとんどの原子炉はオフラインのままです。 第一原発事故。

最近、日本のインフレによる輸入エネルギーコストの上昇により、政府は補助金を提供し、家計の公費を減らしました。 この計画は当分維持されるだろうが、政府はこれを「早期」終了する方案を検討すると明らかにした。


関連プレス:

日本1~3月の景気萎縮を年間実質1.8%に修正

日本の海外旅行者税収は2023年に3倍に増加すると予想

日本、価格引き上げで6月614件の食品価格引き上げ予想


READ  米国ミズーリ州、日本産家禽の輸入禁止解除
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours