経済

日本、今月にコロナ19緊急事態の終了| ニュース

東京(ロイター) – 西村安豊島(西村康友)経済上は日本が新たな事例が減少し、医療システムの負担が緩和さに応じて、木曜日のすべての地域のコロナウイルス緊急事態を解除すると述べた。

政府諮問委員会が承認したこの計画は、日本全体の約6ヶ月ぶりに緊急事態から解放しました。 菅義偉首相は、政府タスクフォース(TF)が計画を策定した後、午後7時(GMT)記者会見を開き、決定を発表する予定だ。

しかし、Nishimuraは事例の再発を防止するためにレストランや大規模なイベントのいくつかの制限が約1ヶ月の間に維持されるだろうと言いました。

日本のコロナウイルス対応を総括する西村(Nishimura)首相は火曜日諮問会議が開始され、「緊急事態が解除されると、新しい事例が間違いなく増加するだろう」と述べた。

彼は「反発を防ぐために必要な措置を継続しなければならない」とし「確定者を再急増すると、より限定された「準備上事態」の復帰が可能である」と語った。

緊急縁石エリアにあるレストランは、今午後8時までドアを閉め主流を提供しないようにします。

Nishimuraは、政府が承認されたレストランのみ午後9時まで営業することができる認証システムを導入すると言いました。

他の多くの国と同様に、日本は夏季オリンピックを含む感染性が高いデルタ亜種の拡散を抑制するのに苦労しており、ほとんどの国を緊急制限状態に維持した。

しかし、保健省によると、新しい一日の事例は、過去一ヶ月間、着実に減少して、月曜日全国的に1,128人で日曜日2,129人で、ほぼ半分に減り、最高値の約25,000人の毎日の最高の感染で減少しました。

人口のほぼ60%がワクチン接種を完了し、政府は予防接種を希望するすべての人が、11月までに予防接種を受けると言いました。

READ  日本の国債取引枯渇しています。 それが重要なのですか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close