トップニュース

日本、他の7カ国がサンマ漁獲量を40%削減に同意

日本、中国、および北太平洋漁業委員会の他の6カ国は、漁業資源の枯渇の問題を解決するために、サンマ漁獲量を年間40%削減し、年間333,750トンに減らすことに合意した。

木曜日までの3日間のオンライン会議で決定された新たな漁獲制限は2022年末までに施行される予定です。 東京は、中国の公害乱獲を防止するために、年間漁獲量の削減を提案した。 台湾

2020年11月、日本の北部、北海道根室の花咲項にサンマ漁獲物が上陸します。 (教徒)

サンマ漁獲量の上限は、現在8つの参加国のうち556,250トンで、公害に330,000トン、日本とロシアの海域の排他的経済水域に226,250トンが割り当てられています。

会員は、両方のクォータをそれぞれ198,000トンと135,750トンで40%削減することで合意しました。

日本のサンマ漁獲量が最近、中国と台湾の公害で漁獲したものEEZに入る前、日本のサンマ漁獲量を減らそうとした。 公海でのクォータ導入は2019年委員会の年次会議で合意された。

この会議では、日本代表団を代表した太田申告は記者会見で、最近の措置は、公害サンマ漁を抑える「一歩」と述べた。

国立サンマ漁業協同組合によると、2020年の日本のサンマ運搬量は前年比27%減の29,566トンに比較可能なデータが出てきた後、最も低い数値です。

カナダ、中国、ロシア、韓国、台湾、米国、バヌアツなど委員会の他の7つの参加者も、ここ数年の間に漁獲量が不足しています。

日本の水産庁によると、2019年に米国とカナダを除くすべての参加者の合計漁獲量は前年よりも約60%減の191,000トンで、新しい合意された限度よりもはるかに少なかった。

新たに合意されたクォータは、今後サンマ資源が回復しても、過剰な漁獲を防ぐのに役立つでしょう。

日本はまた、国ベースと地域ベースのサンマのクォータを提案したが、他の加盟国の同意を得ませんでした。

READ  アリババ傘下アント上海と香港IPO総額約3.6兆円の調達 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close