日本、代替タンパク質特許部門2位

1 min read

日本団体 世界中の人口が増加するにつれて、急速に発展すると予想される業界では、関連する特許価値の観点から米国の直後に続き、肉や魚の選択肢の分野で地位を拡大しています。

Sourcesは、東京の研究機関であるPatent Outcomeに参加し、選択的なタンパク質項目を作成するのに役立つ機関および試験財団によって文書化されたライセンスを分析し、それぞれの価値に基づいてスコアを与えました。

4月末基準で1位の国家は米国(統合4,340人)であり、日本(2,570人)、スイス(1,740人)、中国(1,651人)が続いた。 主な20の協会には、富士油、アマノケミカル、日産食品ソースプロパティなど3つの日本企業が含まれています。

薬物触媒を生産する天野酵素(Amano Enzyme)が6位を占めた。 触媒処理された植物性タンパク質をエスプレッソ飲料に牛乳代用として活用する特許を出願した。 これは、宗教的な理由で生物タンパク質を摂取しない完全菜食主義者と個人の要求を期待しています。

2位 富士油は植物性マーガリンとチェダーチーズ製造ライセンスを保有しています。 代替のリーダーになりました タンパク質市場 1969年から豆を原料とした肉代替品の販売を開始しました。 2022年には、表面と味の両方で本物の肉を目指し、焼きと焼きが可能な豆肉製品を発売しました。

富士油の植物食品事業部の上級管理者、芦田茂氏は「環境と健康への意識が高まり、大豆で作られた植物肉の人気が高まった」と述べた。

READ  日本、財政健全性の見通しを2026年度まで引き上げる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours