トップニュース

日本、企業がASEAN社員採用を支援

NHKは、日本経済産業省長官がデジタル技術その他の分野で50,000人のASEAN労働者を日本企業に就職するよう支援する計画を発表する予定であることを知りました。

萩宇田光一はインドネシア、シンガポール、タイを訪れ、相手に会う予定です。 彼は月曜日のセミナーでその計画を発表するでしょう。

この計画に基づいて、政府は日本企業が今後5年間で5万人を対象に就職説明会を開催したり、オンラインインターンシップを提供できるよう支援します。

中国をはじめとする各国がアセアン地域に進出して人材確保のために競争している中で出てきた措置だ。

東京は日本企業の採用活動を支援し、競争力を高めることを目指しています。

政府はまた、コロナウイルスの流行によって引き起こされたサプライチェーンの中断から教訓を得て、危険を避けるために日本企業が情報を共有するよう奨励する計画を発表する予定です。

READ  すべての2カプセルに砂粒小惑星か - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close