日本、企業に温室効果ガス排出データ公開義務化

Estimated read time 1 min read

日本金融監督院は、東京証券取引所上位圏上場企業にサプライチェーン全般にわたって温室効果ガス排出情報を公開することを義務化する方案を検討中だ。

金融庁は、金融システム協議会(Financial System Council)会議で提案された計画に従って、脱炭素化を加速するためのグローバルな努力を支援するために想定された政策の詳細を設けるために、今月のパネルを構成する予定です。

2007年5月に撮影されたファイル写真は千葉県市原市工業地帯の姿だ。 (刑務所)

政府計画によると、プライムマーケットに上場した約1,600社全体に予想ルールを適用するのではなく、グローバル機関投資家の監視が増加している主要企業を先に対象とすることが一つの選択肢となるでしょう。

日本は、財務報告規則を確立するグローバル機関である国際サステナビリティ標準委員会(International Sustainability Standards Board)が2023年に公開した内容に基づいて、持続可能性公開標準を開発しようとしています。 国家標準草案は3月末に発表される予定だ。

日本企業は、事業年度開始から2023年3月まで、男性と女性の賃金格差などの情報の他に、持続可能性問題をどのように扱っているかについての情報を財務諸表に含めなければなりません。

一部の企業は、特定の要件がなくても、すでに排出量データを公開しています。

温室効果ガスの排出が地球温暖化の原因となっているため、欧州連合(EU)は企業に対する持続可能性報告規制を強化しています。 米国でも同様の動きがある。

日本政府は2050年まで炭素中立達成を目指し、グリーン成長のために民間部門投資を増やそうと努力してきました。

昨年、調査会社テイコク・データバンク(Teikoku Databank)が約11,300社を対象に実施したアンケート調査で、17.3%は脱炭素化努力がマイナスの影響を及ぼすと答え、14.1%は運営にプラスの影響を及ぼすと答えた。 残りの会社は、影響がほとんどないと予想するか、確かではないと述べた。


関連プレス:

風力発電団地建設制限法案国会提出予定

日本、米国などは2050年までに全世界の原子力エネルギーを3倍に増やすと誓う


READ  日本の首相:伝染病の後、新しい疾病指揮センターが来ることがある
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours