日本、企業に育児休職目標設定・公開義務化する計画

Estimated read time 0 min read

政府は2025年4月から職員100人以上の企業に育児休職目標を設定して公開することを義務化する計画だと月曜日、政府消息筋が伝えた。

厚生労働省は日本国内約5万社を対象とするこの法案を施行するため、今回の国会で関連法案を提出する計画だと消息筋は伝えた。

2022年4月から実施した会計年度調査で、男性の育児休職比率は17.1%で女性の80.2%に大きく及ばず、政府の2025年目標である50%にも大きく及ばなかった。

従業員100人以下企業の場合、子育て休職目標設定のための努力を要求するが、義務事項ではないと消息筋は伝えた。

消息筋は「子育て休職公開は政府が職員100人以上企業に要求する子育てのための職場支援実行計画に含まれる予定」と伝えた。 実行計画には、正社員一人当たりの残業時間などの目標も含まれると彼らは言いました。

消息筋は、企業が実行計画を労働部労働局に提出した後、公開するよう要請されると述べた。

国防省は、目標を公開しない企業に対して勧告を発行できると彼らは述べた。

2023年4月から、従業員1000人以上の企業は、男性労働者の育児休業率を公開しなければならない。

国防部はまた、2025年4月から職員300人以上の企業に対する育児休職情報公開義務範囲を拡大する内容の法案を今回の国会会期にも提出する計画だと消息筋は伝えた。

READ  最新ニュースアップデート:住宅価格の上昇と貯蓄による英国の家計資産の急増
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours