トップニュース

日本、企業への労働者副業の許可を求める

東京 – 日本政府が7月から職員の再就職を禁止する会社に理由を説明するように要請すると日経が知ることになったところによると、より多くの大企業で職員が再就職をできるよう奨励するための措置だ。

この規定は義務ではなく、理由の提供を拒否する会社はペナルティを受けません。 しかし、政府は日本の強力なビジネスロビーであるKeidanrenと協力して、従業員に伝統的に副業を許可することに慎重であったより多くの大企業が要求に好意的に答えるように促すことを望んでいます。

政府は、この開示が求職者が副業のためのよりオープンな会社を見つけるのに役立つことを願っています。 また、これにより日本の業務方式がさらに多様化し、人材が成長分野に進出できることを願っています。

現政府の指針は、企業に原則として職員の副業を許可するよう促している。 しかし、多くの雇用主は、労働者が補助公演に参加できるようにすると、パフォーマンスが低下したり、彼らのスキルと信用が本業よりも月光を浴びるために使用される可能性があることを心配して慎重になりました。

ガイドラインによれば、会社は従業員の安全または会社の機密を入力すると、会社は2番目の職業を禁止できますか? 危険にさらされたり、他の理由で。 政府はガイドラインを改正し、企業に副業に対する立場と副業を禁止する場合、その理由を公開する予定だ。

READ  シュガー、6月10日、英国で開催されるG-7サミットのために、日本出発

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close