日本、休日中に外国為替介入に9.7兆円支出

1 min read

社会


日本は4月26日から水曜日まで外国為替市場介入に9兆7885億円を支出したが、これは月別報告書基準で歴代最高金額だと財務省が金曜日明らかにした。

ドルは日本のゴールデンウィーク連休期間の4月29日と5月2日に突然円に比べ急落しました。 当時、日本当局は秘密に円買い、ドル売り介入をしたと推定されています。

日本当局は2022年秋最後に外国為替市場に進出し、9月から10月まで3回にわたって円買い、ドル売り介入を通じて9兆1881億円を支出した。

最近の介入以降も円はドルに比べて弱いままです。 鈴木純一財務長官は金曜日の記者会見で「過度の動きに適切に対応するだろう」とし「この基本的な考えはどんな形でも変わらないだろう」と話した。

祝日で東京市場が閉鎖した4月29日には、海外取引でドルが160円以上急騰した後、155円以下に落ちた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  年金受給者の支出の割合は、日本全体の支出のほぼ40%に達します。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours