トップニュース

日本、伝染病期間ノンアルコールビールで暖かさ

日本では、一日の終わりに、定期的にビールを飲むの一部の労働者たちが行ったの休ませて、アルコールがほとんどないビールに切り替えています。

コロナウイルス健康危機により多くの日本人が仕事の後だったことはありません。 東京を含む日本の一部の地域では現在、3月21日まで、人々の動きを制限するルールを持っています。 したがって、日本の人々はまだビールを飲んでたいが、多くの人々がビールをよく飲むん。 彼らはまた、アルコールがほとんど、あるいはまったく種類のビールを試してみています。

Tadasu Masudaは、日本、神戸に住んでいます。 彼は間を休みの方法で低アルコールビールを試してみています。 肝臓は、体からアルコールを除去する役割をする機関です。 増田は年齢が含まれて健康にもっと注意を払っていると述べた。

朝日大きな 飲むこと 日本にある会社。 2021年には低アルコールビールで、昨年より20%より多くのお金を稼ぐことが期待されます。 キリンは飲み物を作成する別の会社です。 昨年の売上高が10%増加しており、今年ももう一つの増加を期待しています。

非アルコールビールの販売増加は多くの日本人が、自宅でより多くの時間を過ごした結果であることがあります。 過去には、外出しながら一緒にビールを注文しました。 より多くの人々が健康を維持しようと努力しています。

また、ワインやその他のアルコール飲料が人気を得るに沿ってビールを飲む人が少なくなります。 しかし低アルコールビールの新たな関心は、日本の飲料業界に役立ちました。

近年、多くの企業ではノンアルコールビールを作り始めました。 彼らは今年までオーストラリアとドイツのような場所で流行したが、日本ではありませんでした。

日本のもう一つの大きな飲料会社であるサントリー代表は、 応答 製品の味が好きになり始めたときノンアルコールビールの広告に。 多くの人々は、今日のノンアルコールビールが以前より味が良いことに同意します。

アサヒの「ビール」は、アルコールがほとんどありません。 しかし、アルコールを除去するための新しい方法により、以前のバージョンの低アルコールビールよりも多くの味を持っていると予想されます。 同社は今後、より多くの低アルコールビールを提供する予定です。

キリンとサントリーも低アルコールビールを 成分 過去より。

Kazuo MatsuyamaはAsahiのマーケティング責任者です。 彼はほとんどのビール会社が毎日酒を飲んだ人に広告されたと述べた。 これは、約2千万人でした。 しかし、日本には20歳から60歳の間の人口が約8000万人に達します。

「しかし、今、私たちは他の人を見なければします。」とMatsuyamaは言いました。

私はDan Friedellです。

Ritsuko AndoはReuters News Agency、この話を書きました。 Dan Friedellは英語学習に適用した。 編集者はMario Ritter、Jr.でした。

ノンアルコールビールを食べるましたか? あなたのご意見を聞きたいです。 コメント欄で知らせてください Facebookページをご覧ください

________________________________________________________________

この物語の言葉

飲むこと – 円。 飲むことができるよう

ウンチャン迷惑 -V。 起こったか、行われた日に反応して何かをすること

成分 – 円。 食品、製品などを作成するために使用されるものの一つです。

READ  カプコンから8インチの画面は一切ゲーム機? 「レトロステーション」がAmazonに掲載 - Engadget日本版

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close