日本、低投票率で選挙運動に麺無料を提供日本

Estimated read time 1 min read

日本の主要なラーメンチェーン店が日曜日参議院選挙を控え、若者たちに無料麺を提供している。

全国に50のラーメン店を運営する一府堂は、選挙日の日曜日から7月24日まで2週間無制限の無料麺詰め替えを提供していると毎日新聞は伝えた。

若い日本人は、政治家が日本の巨大な年齢の有権者に訴えることにもっと興味があると日常的に不平を言い、両院で若い議員の数が少ないことを指摘しています。

吉田宏東北大学高齢化経済学教授は「政治家たちは投票率の高い高齢層を重要な顧客と見ている」と話した。 「反面、若い人たちは常連客であまり重要ではありません…。だから高齢者が好む政策が優先順位になるしかない」と話した。

Ippudoの広報担当者は、新聞に彼らの提案が「投票が習慣にならなくても、人々が投票する機会を提供することを願っています」と述べました。

若い有権者の投票率は常に低く、今週末の選挙も例外になると信じる人はほとんどいません。

内務省によると、去る10月より強力な参議院の選挙で、20代のうちわずか36%が1人選挙区に投票し、政治的参加が最も少ないグループとなった。

2016年に投票した人は、43.2%が投票に参加して少し積極的でした。 20代の投票率は過去30年間で50%未満を維持したと教育部が明らかにした。

現在の選挙運動が生活費危機によって支配されている中で、参加しない若い有権者たちは 自分の財政的未来を損なう新しい研究によると。

東北大学の老化経済学教授である吉田宏氏によると、青年投票率が1%減少するたびに、彼らは約78,000円(575ドル)を失うことになります。

40年間の選挙データを分析した後、吉田は後者グループの投票率が1%下落するたびに、政府が税金を引き上げ、債券を発行する可能性が高く、若い人たちの将来の負債負担を増やすと結論しました。 同じ状況で、年金は保育手当のような若者のための利益よりも多く増加すると彼は言った。

READ  日本JERA、LNG調達コストの削減により、2012年22月期の業績見積り上方調整
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours