トップニュース

日本、住宅担保ローン免税率0.7%引き下げ

政府と与党は住宅担保ローン借り手に対する免税率を現行1%から0.7%に下げる方案を検討中だという。

低金利状況で住宅担保ローン金利が年1%未満の場合が多く、現行制度では借入者に不当な優遇をしている。 免税率の引き下げが問題を正すためだと消息筋は伝えた。

政府と与党管理者は、4月に始まる2022年度に年間税制改革の提案を減らすことを目指していると消息筋は語った。

現在、昨年末の住宅ローン未払残高の1%が適格借り手の所得税から主に控除されます。

消息筋は、減免効果を緩和するために減免期間を2022年と2023年13年に設定することを原則として10年、現在最大13年に設定すると述べた。 期間は2024年と2025年10年に設定される予定だ。

公務員は現在、4000万円から3000万円に免税対象住宅ローン上限額を下げることを目指している。

省エネ機能を備えた長寿命住宅の場合、減税期間は2025年まで13年のままである。 このような住宅の場合、税制の恩恵を受けることができる住宅ローンの上限額は5000万円にとどまります。

政府と与党管理者は、2050年までに日本の温室効果ガス排出量を効果的にゼロに減らすという目標を達成するための努力の一環として、環境に優しい住宅購入を促進することを目指しています。

低金利により、税額控除額が利子支払額を超えるマイナススプレッドが発生している。 批評家は、現在のシステムは、低い利率で大量の住宅ローンを受けることができる人に大きな利益を提供すると述べています。 2019年、日本監査員は状況を問題と指摘した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

READ  日本、賃金引き上げ企業への大規模税減免計画 - 改革草案

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close