経済

日本、先端チップ製造に最大5億ドル投資

東京、11月11日(ロイター) – 日本が金曜日、ソニーグループをはじめとする技術会社が率いる新しい半導体会社に最大700億円(5億ドル)を投資すると発表した。 (6758.T) とNEC Corp (6701.T) 先端チップの先頭走者に再跳躍するため急いでいるからだ。

西村康志経済産業賞は記者ブリーフィングで「半導体はAI、デジタル産業、医療などの先端新技術開発に重要な部品になるだろう」と述べた。

彼はこの新しいチップ会社の名前はRapidusで、2000年代後半にチップ生産を始めることを目指していると付け加えた。

米国と中国との間の貿易摩擦が激化し、米国が中国の先進的な半導体技術へのアクセスを制限するにつれて、日本は自動車メーカーと情報技術企業がコア部品に欠けないようにチップ製造基盤を復活させるために急いでいます。

日本はまた、中国が先端チップ生産のグローバルハブである台湾を掌握しようとするかもしれないことを懸念しています。

その一環として、日本政府は、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co)を支援するための4000億円を含め、外国チップメーカーの日本工場建設を奨励するための財政支援を提供しています。 (2330.TW)世界最高の論理チップメーカーであるソニーと自動車部品メーカーであるデンソー社に半導体を供給する熊本県に工場を建設します。 (6902.T)

日本は7月、メモリチップメーカーのKioxia CorpとWestern Digital Corpを支援するために930億円の補助金を提供しました。 (WDC.O) 日本で生産量を増やしてください。 9月には、米国のチップメーカーであるMicron Technology(Micron Technology)に (Mu.O) 465億円で広島工場に生産能力を追加できます。

新しいチップ会社は日本の半導体戦略の次の段階を代表し、7月に両国がより高速で電力効率的な開発のために新しい共同研究センターを設立することに合意した後、米国との技術開発協力が深化していることを示しています。 次世代2ナノ半導体。

新会社には、日本テレグラフやテレフォン株式会社などの企業からの投資も含まれる。 (9432.T) TV Tokyoは木曜日にKioxia Holdingsと共に報道した。

報告書は、日本政府が2022年末までに2ナノ以下の半導体を開発するための新しい研究センターを設立すると発表した。 もっと読む

($1 = 141.6500円)

Tim KellyとElaine Liesの報告。 Christopher CushingとStephen Coatesの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の企業は、ADNOC、UAEアンモニア生産可能性調査

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close