経済

日本、入国者検疫10日から7日に短縮

日本は土曜日から日本に入国する人々に必要な10日の自家隔離を7日に短縮したと厚生が金曜日遅く発表しました。

今回の措置は去る1月14日、政府が隔離期間を14日から10日に短縮し、これまで旅行計画を延期した一部外国人と日本人の旅行計画に影響を及ぼすと予想したことによるものだ。 負担のかかる措置。

新しい政策は、感染性の高いオミクロン亜種ウイルスが急速に広がり続け、社会と経済活動を維持することがますます困難になって発表された。

日本財界などではオミクロンの特性を考慮して期間をさらに短縮することを求めてきた。

日本国立感染症研究所(National Institute of Infectious Diseases)は分析によると、オミクロンで症状が発生するリスクが7日目には5%であるのに対し、接触後10日目には1%未満だと明らかにしました。

岸田文雄首相はこの日、コロナ19確定者と密接に接触した人に対して検疫期間を現行10日から7日にさらに短縮すると明らかにした。

岸田教授は、医療陣、警察官、保育園、療養保護士など必須労働者の場合、2つのコロナ19検査を並行して期間を現行6日から5日に短縮すると述べた。

彼は記者たちに、日本が感染抑制と社会機能維持の間でバランスを維持しなければならないと述べ、「専門家の意見と新しい科学的証拠」に照らして決定が下されたと述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  エネルギーと気候の主要な経済会議2021年9月17日:議長サマリー

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close