世界

日本、全国的にすべてのウイルス緊急措置の解除

東京(AP) – 日本は、感染が減速している国が経済の再活性化をしようとすることにより、今週後半に有効期限が切れているすべてのコロナウイルス緊急措置を解除する予定です。

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)対策を担当する公務員が火曜日の専門家会議で規制緩和が徐々にという条件で専門家の承認を受けた。 菅義偉(菅義偉)首相は、緊急事態の解除とその後の計画を火曜日遅くに発表する予定だ。

オフで日本は4月以降、初めて緊急の要件が完全に免除されます。 政府関係者は、ワクチンパスポートやウイルス検査などの他の方法を用意して緩和された規制に備えている。

27都道府県の緊急措置その他の措置は、9月末に終了します。 一部の専門家は、感染者が急速に回復していないように、19個の地域の緊急事態を優先準緊急的に緩和することを望んでおり、政府はこの戦略を検討していることが分かった。

緊急事態は、主にレストランやバーの営業時間を短縮し、主流を提供していない形で行われました。 大阪、兵庫、京都知事は、ウイルスの状況を綿密に監視しながら、これらの要求を維持する計画だと言いました。

日本は次感染の波を防ぐ必要性のバランスをとりながら、社会と経済活動を拡大することを熱望しています。 今週後半与党がシュガーの後任を選出し、過渡期にある政府は、2カ月後の総選挙を控えて、効果的なウイルス戦略を維持しなければならないというプレッシャーを受けている。

西村安豊島(西村康友)ギョンジェジェ正常(ギョンジェジェ正常)もコロナ19対策を管掌し、肌寒い天気が再流行の懸念を招いての措置緩和が徐々に進行と述べた。

現在、早期のドアを閉じているレストランやギターの商業施設では、徐々に通常の営業時間に戻って行くし、当局は、次の発症に備えるための医療システムを強化しなければならないと関係者は言いました。

政府の最高医療顧問のShigeru Omi博士は記者に「緊急事態が解除されたとして、私たちは100%自由になることはありません。」と言いました。 「政府は、徐々に緊張を解かなければならないという明確なメッセージを国民に送信します。 ”

彼は当局が休暇期間を控え、早期に復活の兆しが見えたらすぐに制御を強化することを促しました。

日本は今年4月に宣言した5次緊急事態を繰り返し延長・拡大し、昨年大流行以来最長の期間に転換した。 この措置に対する国民の疲労と挫折にもかかわらず、日本はCOVID-19のために、約169万件の感染事例と17,500人の死者を記録し、他の場所で課された、より制限的な閉鎖を回避することができました。

感染は7月から悪化し始めてオリンピック後、8月中旬にピークに達し、東京だけで5,000人以上、全国的に25,000人を超えました。 病床を見つけることができない何千人もの患者は、自宅で病気を勝ち抜かなければならいました。

オリンピックと政府関係者は、オリンピック競技が上昇の直接的な原因になったと否定しているが専門家たちは、祭りの雰囲気が人々の社会的活動を一層活発にし、間接的な責任があると述べた。

シュガーは、政府のウイルス対策と大衆の反対にもかかわらず、ファンデミク期間五輪開催にこだわったことに対する批判に直面した後、党指導部と首相から退い期決定しました。

毎日報告される事例は、全国的に約2,000人に落ちました。 これ8月中旬の高値の10分の1未満です。 専門家は、人口の56%が完全に予防接種を受け、医療システムの崩壊に対する警戒心を持って、社会的距離を置くを強化人々がワクチン接種の進展に応じて減少した数値を挙げています。

河野太郎(Kono Taro)の予防接種長官は最近、日本が今年末までに医療スタッフに、来年初めには高齢者に追加接種を開始する準備をしていると言いました。

READ  過密な、インドネシア刑務所で火災で少なくとも40人が死亡 - 管理

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close