トップニュース

日本、八方野市で海上風力発電団地オークション開始

東京:日本産業部は金曜日、日本北部秋田県Happo-Noshiroで356メガワット(MW)海上風力発電プロジェクトの運営者を選定するための公開オークションを開始したと明らかにした。

八方野城地域は9月に海上風力発電団地開発推進地域に選定された。

オークションは金曜日から来年6月10日まで行われ、結果は12月頃に出ると予想される。

日本の海上風力市場は、政府が2030年までに海上風力発電容量を最大10GW、2040年までに30~45GWを設置するという目標を設定し、昨年の風力団地開発のための法案を2019年に導入して以来成長する見通しだ。 。

国土部は11月頃に秋田2個、東京近郊千葉1個など他の3つのプロジェクトのオークション結果を発表する予定だったが、まだ発表されていない。

外交部関係者は「まだ選定過程にあり、発表時期は未定」と話した。

(小林優香の報告、ジェイソンニリーの編集)

READ  日本、PH災害対応努力に対する支援の更新 – Manila Bulletin

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close