日本、公式にデフレ終息宣言を考慮していることが知られている

Estimated read time 1 min read

日本は、物価が上がり始め、デフレ終息を考慮していると、教徒通信は報道しました。 これは、労働者と投資家に継続的な影響を与えた数十年間の景気後退後、世界4位の経済大国への大きな変化を意味します。

この問題についてよく知っている情報源を引用した週末の報告書は、日本銀行(BOJ)がすぐに超緩和政策設定を終了するという市場賭けが大きくなっていることを強調しています。

しかし、政府が正式にデフレ終了を宣言するかどうかは、刑務所通信報告書では明確ではありませんでした。 過去数年間、政府は日本がもはやデフレ状態になっていないと主張してきたが、物価の下落に対する完全な勝利を宣言することはできなかった。

正式な宣言は、1986年から1991年まで続いた「バブル時代」の好況の崩壊以来、ほぼ20年間持続した価格下落と経済低迷に対して線を引くでしょう。

先週、東京日経指数は30年前にバブル経済が頂点に達した時期に立てた史上最高値を超えて急騰しました。

林正正官房長官は、記者会見で日本がまだデフレを完全に終息さ​​せる段階に達していないと言いながら、刑務所通信の報道を無視しました。

インフレが1年を超えてBOJの目標である2%を超えると、多くの市場参加者は、中央銀行が長年にわたって非常に緩い金融政策から抜け出す画期的な措置になるように、今後数ヶ月以内にマイナス金利を終了することを期待しています。 。

ロイターがエコノミストを対象に実施した世論調査では、BOJが2016年から施行してきたマイナス金利政策を来月までに終了すると予想した。

伊藤秋経済研究所の武田敦志首席エコノミストは「政府と日本銀行(BOJ)が今後のデフレ終息宣言とマイナス金利終了見通しに市場が影響を与えるように互いに調和しているという意味かもしれない」と話した。 研究所は計画された政府の発表について言及しています。

岸田文雄首相や内閣閣僚たちは、国務会議など公式の場所ではなく、政府懇談会や記者会見、月刊経済報告書などを通じて発表することもできると教徒通信は伝えた。

政府は3月13日に予定された年次労使賃金交渉が物価引き上げを相殺するのに十分強力かどうかを判断し、物価動向の見通しも考慮した後に決定すると、交通通信は伝えた。

日本政府は、2001年に初めて日本経済が漸進的なデフレ状態に陥ったことを認め、その後、日本は企業利益の減少、賃金下落、民間消費不振という悪循環を断つために長い間努力してきました。

刑務所通信は消息筋を引用し、政府が消費者物価、単位労働費用、生産量格差、国内総生産(GDP)デフレーターなど広範な指標を綿密に調査すると述べた。

READ  同性結婚禁止は憲法に違反しない、日本の裁判所の判決
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours