日本、円の下落に応じて適切な措置を取るため、すべてのオプションを検討中

Estimated read time 1 min read

日本は、円がさらに弱くなり、米ドルに比べて心理的に重要な155選に近づくにつれて、いかなる選択肢も排除せず、通貨市場の過度の変動性に対応するために適切な措置を取ると火曜日、鈴木純一財務長官は述べた。

鈴木首相は、政府が「非常に緊迫感」を持ち、外国為替の動向を監視しながら、他の国の通貨当局と緊密なコミュニケーションを維持していると述べた。

日本当局が市場直接介入を警戒する中、先月、日本銀行が17年ぶりに金利を引き上げた後も、円の価値は引き続き弱気を見せている。

東京にあるある通貨貿易会社の金融モニターによると、米ドルは一晩ニューヨークで34年ぶりに最高値の154.85円を記録した後、2024年4月23日午前154円上限にあることがわかりました。 (刑務所)==刑務所

日本の通貨の弱さは、米国連邦がインフレに対抗するために積極的な通貨緊縮措置を取った後、早ければ6月から金利引き下げを始めるという期待が減っている中で発生します。

鈴木会長は記者たちに「私たちは過度な変動に対して、いかなるオプションも排除せず、適切な措置を取るという確固たる立場を基に市場状況を注意深く観察している」と話した。

先週、日本、韓国、米国の財務大臣は、ドルに対する円と円の急激な価値の低下について「深刻な懸念」を共有しました。

これとは別に、G7財務大臣と中央銀行のガバナーは、過度で無秩序な外国為替の動きが経済に悪影響を及ぼすことを強調しました。

日本当局は通常、市場に参入する前に一連の口頭警告を発令します。 日本が円買い、ドル売り介入を最後に行ったのは2022年末でした。

議会会期では、鈴木首相は、他国の通貨当局との緊密なコミュニケーションの必要性を強調し、政府が別の市場介入のための基盤を築いていることを示唆しました。

鈴木は「私たちの適切な措置が何であるか具体的に明らかにはしないが、最近の通貨協定がそのような措置のための条件を設定したと言える」と話した。


関連プレス:

日経は中東の緊張で市場が揺れて2.7%下落

日本の3月のインフレは2.6%に減速したが、金利引き上げの可能性は依然として残っている。

記録的な輸出により、日本の2023年度貿易赤字を5兆8900億円に減らしました。


READ  日本は2023年に最初のカジノリゾートの位置を発表すると予想されます。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours