経済

日本、円安を支えるため介入

日本は木曜日に24年ぶりに円安を支持するために介入したと発表した。

円は過去1年間でドルに対する価値の20%以上を失い、エネルギーや食品を含む多くの必需品の収入をより高価にし、日本経済に圧力をかけました。 円の急落は、米国連邦準備制度(Fed)がインフレと戦うために金利を引き上げてドルを高めるにもかかわらず、金利を低く維持しようとする日本の決定に大きく起因します。

ヨンジュンが基準金利を4分の3を追加で3~3.25%に引き上げると発表してから1日で日本円は145ドルを突破した。

鈴木俊一日本財務上は11日ブリーフィングで政府が人民元の急激な一方通行について懸念していると話した。 」

日本はここ数カ月の間に円の下落を防ぐことができることを望み、必要に応じて介入できると警告してきました。

神田正人財務相次官は発表後記者たちに「今、政府管理者は365日、24時間措置を取る準備ができている」と話した。

以前の時代に円安は日本の輸出中心経済に役立つと広く考えられ、日本の製品を海外消費者にさらに安くて魅力的にし、海外収益の価値を高めました。

しかし、経済がグローバル化し、多くのメーカーが生産を海外に移転するにつれて、利点はそれほど単純ではなくなりました。 円安は、感染症やウクライナの戦争によって広範な輸入品のコストが上昇したため、特に問題となりました。

そのため、一部の製品では、30年間で価格が数年でかなりの上昇を記録し始め、国内では驚愕を禁じていません。

木曜日の日本政府の介入は、他のほとんどの国が連邦準備制度の取締役会の印象に従い始めたにもかかわらず、長期間続いてきた超低金利政策に固執すると日本銀行が発表したことによるものです。

低金利はほぼ10年間日本経済政策の重要な部分であり、お金をより安く簡単に入手できるようにすることで、日本の低インフレを押し付けるために導入されました。 インフレは少量で企業の利益と労働者の賃金を増加させ、経済成長に有益な影響を及ぼすと言われています。

日本のインフレはファンデミック期間中上昇したが、それでも他の国の2.8%水準よりはるかに低い。 八月。 そして、日本銀行(BOJ)の管理は、低金利が煽るための消費者中心の需要ではなく、ファンデミックに関連する供給制約によって発生する誤った種類のインフレだと思います。

木曜日に政府がドルを売却した後、円は再び下落する前にしばらく141を下回りました。

鈴木氏は、政府は介入の規模や時期についての詳細を開示しないと述べた。

日本は1998年アジア金融危機当時円高のために介入したことがあり、当時の為替レートはドル当たり約146ドルでした。 2011年には通貨の弱さを試みました。

上野久子 報告に貢献しました。

READ  BMW M3セダンの新型縦グリル採用... 3シリーズと決別したデザイン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close