経済

日本、冷媒を含むACに対するインドの輸入禁止に再び赤信号

日本は、WTOでインドの冷媒を含むエアコンの輸入禁止を「非合理的」と再び警告しました。 ジュネーブに本部を置く貿易管理は、国が撤退を模索していると述べた。

2020年10月から2023年1月まで、冷媒を含むエアコン(AC)の完全製作装置に対する輸入禁止が課されました。 命令によっては、冷媒を含むACは政府が発行した免許なしで輸入することはできません。 この動きを擁護するために、インドはこの措置がオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書による義務と一致すると主張してきました。

「裁量を無効にする」

しかし、日本は、インドの措置が冷媒の種類を区別せず、モントリオール議定書またはインドの国内規則に従って段階的廃止義務が適用されない冷媒を含むすべての冷媒との交流を禁止することを指摘した。

同関係者は「日本代表は冷媒の種類を区分するのに裁量権を行使しなかったため、こうした措置が不要で非合理的だと指摘した」と話した。

日本は最近、WTO貿易関連投資措置委員会(TRIMS)会議でこの問題に取り組んでいます。 昨年末にもこの問題を提起したが、インドから何の保証も受けられなかった。 「日本は、輸入禁止のためにAC製造会社のビジネスが打撃を受けたため、この問題を両者で議論したいと考えています。 また、インドが2023年1月以降に制限延長を考慮しないようにしたい」と他の管理者は言った。

PLI方式

ダイキン、パナソニック、三菱、日立が率いる日本企業は、インドの交流空間にある。 一部の日本企業も昨年、商工部に輸入が急減すると規制解除を要請したことがある。 今回の措置はインド政府のMake in India目標を推進するためのステップとして考案されたため、日本企業は白色家電製品に対する生産連携インセンティブ(PLI)制度を申請することを勧告された。

興味深いことに、DaikinとPanasonicを含むこれらの企業のいくつかは、インドでAC部品を製造するためのPLI計画に従って恩恵を受けるために選択されました。

インポートの競合

インドで販売されているACの合計年間市場規模は6500万を超えると推定されています。 業界の見積もりによれば、輸入制限が施行される前に、完全に製造された輸入ACユニットがそのセグメントの約28〜30%を占めていました。 日本、ベトナム、中国、タイなどの国で輸入が行われていました。

日本は、WTOの初期介入でHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)冷媒を含むACに対する輸入禁止に特に反対しました。 それはインドのモントリオールの義務がHFCを扱わず、HFCの生産と消費を規制する特別な法律や規制がないことを理解しています。 HFCの生産と消費を規制する国内法がある場合、それを明示するようにインドに要請しました。

最近のWTO会議では、インドはこの問題がTRIM協定とは無関係であり、委員会で議論されるべきではないと述べた。 日本は、この問題についてインドと議論した内容が満足できない場合、WTOでインドと紛争を始めることができます。

公開日

2022年4月6日

READ  すべての日本の村が縮小されません。 300個どのように行われていることを示します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close