日本、初のカリブ海カーニバル開催

1 min read

日本は9月15日から18日まで、Kegon Toussaintが主催したSocaの最初の週末のお祝いイベントを開催しました。 このイベントでは、活気に満ちた衣装や祭りが繰り広げられる伝統的な「pretty mas」カリブ海カーニバルを含む東京で様々なイベントを披露しました。

ニューヨーク、アトランタ、パリ、ロサンゼルスなど様々な地域で300人を超える参加者が参加した今回のイベントはナイラ・ブラックマン(Nailah Blackman)、ジェイデル(Jadel)、ミカル・テザ(Mical Teja)など芸術家の公演でカリブ海文化を記念と、カリブ海地域に居住するディアスポラたちにカリブ海の味をプレゼントしました。 日本。

日本で成長するカリブ海ディアスポラ

「日本に住んでいるカリブ海地域のディアスポラ数が少ないが増えています。日本のSocaは、彼らが少なくとも彼らの文化を味わえるプラットフォームを作っており、また日本でカリブ海事業を構築する機会も提供しています」とToussaintは言った。 エッセンスマガジン。

「日本での公演は、これまでに経験したことの中で最もユニークな経験の一つでした…」 それは私にとって幸せな感じでした。 私がそこをどれだけ好きなのか言葉で表現することはできません。 Nailah BlackmanをEssenceと共有し、日本人がカリブ海文化を受け入れて楽しむ姿を見て喜びと驚きを表現しました。

疎外された文化への興奮

トリニダードの弁護士であり、日本の英語教師であるApphia Pereiraにとって、このイベントはカリブ海の遺産がよく知られていない国のスリリングで満足のいくショーケースでした。 「日本人が見せてくれた融合と感想を見るのは、胸が大きくて感動的でした。 私たちの次のステップはとても期待されています。」 PereiraがEssenceに言った。

CNWの最新エンターテイメントニュース

READ  マックスカメロンの写真集は、トラフィックコーンへの日本の執着を探求しています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours