日本、労働力不足の中で外国人ドライバーへの輸送産業開放模索

1 min read





日の丸交通株式会社でタクシー運転手として働くイタリア国籍のマシモ・ベリーニが2023年7月10日、東京文京区で姿を見せている。 (Mainichi/Ai Yokota)

東京 – 日本政府は、深刻な労働力の不足の中で、トラック、バス、タクシーを運転する外国人ドライバーを特定の居住者カテゴリに追加することによって輸送業界を開放することを検討し始めました。

国土交通省は自動車輸送業を「特定機能」に追加するために入国管理庁とこの問題を協議中だ。 労働力の確保に苦労する産業。 日本は人口減少で国内労働力供給が不足して海外人材確保の動きが加速する見通しだ。 政府は今回の会計年度末まで政策変化を施行する計画だ。

2024年4月以降、トラックやその他の運転手の残業時間は年間960時間に制限されています。 これにより人力難がさらに深刻化するという懸念が出ており、人と物品の輸送需要を満たすことができない状況を「2024年問題」と呼ぶこともある。

日本トラック協会、日本バス協会、日本レンタカー協会連合会は、それぞれ2023年度事業計画で、今春に特定の機能を持つドライバーリストにドライバーを追加するよう要請する計画だと述べた。 これに国土部は人材不足程度と今後5年間収容すると予想される外国人数を把握し、荷役など業種に合った運転手技術試験の開発に努めている。 荷物を預け、お客様とコミュニケーションをとります。


業界に決定打のようにドライバー数が急落

厚生労働省によると、今年6月基準のトラック運転手の求職者に対する求職率は2.12倍、バス騎士は2.10倍、タクシー騎士は3.95倍で、求職者に対する求職者の割合を大きく上回った。 転職種平均1.12倍。

若い世代の迎入も緊急だ。 特にタクシー業界は高齢層が圧倒的に多く、2022会計年度基準の平均運転士年齢は58.3歳だ。 法人タクシー運転手数は2011年度約34万人だったが、10年間で30%以上減少した。 日本貸与タクシー協会連合会は「コロナ19感染の懸念で高齢ドライバーが相次いで退職し、最近は運転手数が急減した状況」と不満を吐露した。 業界に最終打撃」

運転手として働くには日本の運転免許証が必要で、乗客を乗せるバスやタクシーには「2種免許証」が必須です。 試験は日本語のみで行われ、外国人には難しい部分だ。 外国人が第2級試験を受ける時、言語の障壁の中でもどのように支援すべきか、安全運転をどのようにするのか悩む必要がある。 外国人ドライバーのための教育システムを構築しなければならないという主張もあるが、これをどのように構築するかが依然として課題として残っている。

日本政府は制度が確立された2019年度から5年間、看護、建設など12の産業分野で外国人在留者数の上限を34万5150人と定めた。 政府は5年間、各分野の合格実績をもとに2024会計年度以降、上限額を今年末まで国務会議で決定する予定だ。 現在まで産業分野は追加されていません。 出入国管理事務所の関係者は「外国人を安く採用しようとするのではなく、日本人と外国人の両方がウィンウィン(win-win)できる仕組みを持たせる趣旨」と話した。

(日本語オリジナル:生活科学環境ニュース部横田愛、東京ビジネスニュース部道下広子、東京シティニュース部飯田明)

READ  4億7千万年前に地球に生息する植物に重要な2つの遺伝子が確認されました
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours