日本、北マリアナオープン2024で女性タイトルを獲得地域スポーツ

1 min read

日本は日曜日にギルバートC.エイダジムで開かれたクラウンプラザノーザンマリアナスオープン2024で女性シングルと女性ダブルで優位を占めて仕上げました。

女子シングル決勝では、薫杉山が同胞である佐倉真樹を相手に2セットとも21-17、21-15で勝利しました。

試合全体は杉山の力とマスキーのスピードとの戦いでいっぱいでした。

最初のセットで杉山はほとんどの交換をリードし、彼女のスマッシュリターンの力は防御することはほとんど不可能でした。 しかし、マスキーは長距離をカバーするほど速く、杉山が何度もミスをするよう強制しながらバランスをとりました。

しかし、マスキーは結局1セットを21-17に選んだ杉山の強力なスマッシュリターンに追いつかなかった。

2セットで杉山は連続スマッシュリターンで強く始めました。 マスキーはほとんどの攻撃を防ぎましたが、ロブリターンで対応しなければなりませんでした。

セット中盤になると、マスキーは突然第二の活力を見つけ、近いネット間のアクションで競争を強要し、柔らかいタッチで杉山のリズムを破って再び距離を狭めました。

しかし、マスキーの一連の積極的なハイライトの後、杉山はゲームの流れを再び掌握し、マスキーの連続的なミスを強制し、2セットを21-15に選んでチャンピオンシップを獲得しました。

杉山は「他の日本選手と立ち向かって緊張もたくさんしたが、最善を尽くすことができてよかった」と話した。

5つの決勝戦で日本選手14人がタイトルをめぐって競争し、杉山は結果に感謝すると言いました。

彼女は「日本がこの国際大会で頂上に上がることができて嬉しい」と付け加えた。

杉山は以前もマスキーと何度も試合をしており、彼女を相手に優勝することができて嬉しいと語った。

今回が杉山の初の国際大会優勝ではなく、彼女は2022年と2023年にも国際大会で優勝したことがある。

女子ダブルス

女子ダブルスでは水木大岳と美由貴橋が三木金弘とルイ・キヤマを倒して優勝し、再び日本代表選手の決勝が繰り広げられました。

大竹と高橋は割れないケミを見せ、お互いの弱点をカバーし、速くて攻撃的なリターンで金弘と木山をほぼ沈黙させ、21-4でチームワークをよく発揮しました。

2セット半ば、金弘と木山はストリートを絞り込むために、強力なスマッシュと素晴らしいプレースメントを組み合わせて勢いを築き始めました。 しかし、大竹と高橋は結局相手を圧倒して21-10で勝利し、チャンピオンシップを獲得するのに長くかかりませんでした。

大竹と高橋は今7年間、チームメイト関係を結んでおり、女子ダブルスでのみプレーしています。 9月にこのデュオはスーパー100トーナメントに出場する予定です。

男子シングルとダブル、ミックスダブルの結果はVarietyの次回で発表される予定です。

READ  驚くべき新型コルベットは、日本でChevyの顧客基盤を再定義しています。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours