スポーツ

日本、北京オリンピックを控えてオリンピック選手のためのCOVID-19ブースター注目

この計画に精通した情報源によると、政府はオミクロン変異体が広がるにつれて、コロナウイルス感染が世界中で急増する中で、北京オリンピックと障害者オリンピックを控えて国家の選手と公務員にCOVID-19ブースター注射を提供することを考慮しているそうです。

日本のオミクロン感染症例が急激に増加するにつれて、政府内で増加する合唱団は、日本の運動選手やグローバルスポーツイベントに参加するために旅行する他の人のためにブースターショットを要求していると、

冬季オリンピックの開幕は、日本のワクチンの発売に伴う一般人口の追加接種適格性より一ヶ月も残っていない時点です。 消息筋は時期に合わせて政府が誰に注射を受けるか、どのように管理するかなどを議論中だと見られ、現在海外に滞在中の人々に対する対処方案も検討していると伝えた。

日本は12月から医療従事者たちにコロナ19追加接種を始め、今月末保育施設にいる老人が対象となります。

昨年、東京オリンピック・パラリンピックに参加した選手と関係者は無料で予防接種を受けた。

北京オリンピック開幕式は2月4日に予定されている。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本の同性愛者の結婚違憲認定失敗:裁判所

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close