経済

日本、原油価格抑制のための非蓄油排出の検討 – 刑務所

2015年12月17日、日本東京でコスモエネルギーホールディングスのコスモオイルガソリンスタンド支店が見えます。 写真2015年12月17日撮影。 REUTERS/Yuya Shino

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

東京、11月20日(ロイター) – 岸田文夫日本首相は、土曜日に日本政府が原油価格上昇に対応して備蓄油から石油を放出することを検討していると述べた。

京都は、日本が以前に自然災害と地政学的リスクに対処するために埋蔵量を活用したが、価格を下げるために埋蔵量を公開するのは今回が初めてだと述べた。

支持率の低下とガソリン価格の上昇に直面しているジョーバイデン米国大統領政府は、一部の世界最大の経済国に高いエネルギー価格を鎮圧するために戦略的埋蔵量から石油を放出することを考慮するよう圧力をかけました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

要求には、中国に初めて原油在庫の排出を検討するよう要求することが含まれる。

共同通信によると、岸田首相は記者たちに、「日本が米国や他の関連国と協力するという前提のもと、私たちができることについて検討している」と述べた。

松野弘和官房長官は、木曜日、日本は原油価格上昇が世界3位の経済大国に与える影響を鋭意注視していると述べた。

松野は「産油国に石油生産量を増やすことを促すとともに、主要消費国や国際エネルギー機関などの国際機関と協力してエネルギー市場の安定化に努める」と述べた。

資源が不足している日本は、石油の大部分を中東から得ています。 最近急騰する原油価格と円安が輸入原価を引き上げ、貿易依存国家に二重打撃を与えている。

岸田政府は、金曜日の原油価格上昇に対応するための措置を含め、記録的な4,900億ドル規模の景気浮上計画を発表しました。 原油価格の上昇による家計や企業の苦痛を和らげるため、卸売ガソリンと燃料価格に上限を与えるために精油会社に補助金を支給する計画だ。

岸田首相は先月、内閣長官と議論した後、「産油国が産油量を増やすように促すことが重要だ」と話した。 どの業種が影響を受けるかを確認した後、具体的な対策を設けるだろう」と話した。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

柴本哲本の報告ウィリアムマラード編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  App Storeにポートナイトを復元するために、「Appleの報復行為を停止した」とEpic Gamesが裁判所に要請 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close