トップニュース

日本、台湾支援要請にCOVID-19ワクチン共有考慮

2021年3月19日撮影漢イラスト写真はアストラゼネカコロナウイルス(COVID-19)ワクチンのラベルが貼付されたバイアルがあります。 REUTERS / Dado Ruvic / Illustration / File Photo

日本は与党委員会が、台湾にAstraZeneca Plcワクチン在庫の一部を提供することを促したことにより、他の国とCOVID-19ワクチンを共有することを考慮すると、金曜日た。

台湾は国内感染の急増に対抗しており、人口の約1%に過ぎないのに対し、日本は成人人口の2倍、4億個以上の接種を確保しました。

「私たちは、普遍的な健康確保を達成するために、すべての国と地域で、安全で効果的なワクチンのための公正なアクセスを確保することが重要であると考えています。

「私たちは、家庭で必要な量を超えるワクチンを、他の国と地域に提供する方法に関連して、具体的な政策過程を迅速に検討して検討することです。」

日本の与党委員長の佐藤正久(Masahisa Sato)は、先に金曜日、政府ができるだけ早く、台湾にワクチンを提供する必要があると言いながら、「日本が必要となったとき、台湾は、私たちにマスク200万個を送った」と付け加えた。

Katoは東京が、特定の国からの供給要請を受けたかどうかについては言及を拒否した。

台湾の外務省は、政府がメーカーやCOVAXグローバル共有計画を通じてワクチンを得るために懸命に努力していると述べた。

台北はまた、「ワクチンの確保を支援するために、同じ考えを持った国を探していた努力は止まなかった」と付け加えた。

日本は先週AstraZenecaのワクチンを承認し、1億2千万回を購入する契約しました。 しかし、国際的に血栓の懸念が続いている中、米国での注射を使用即時計画はありません。

AstraZenecaの現地パートナーであるDaiichi Sankyo Coは3月にワクチンを瓶詰めし始めており、現在備蓄量は約3万容量と推定され、使用しない場合、9月までに終了します。

AstraZenecaは今週Nipro Corpをワクチン充電およびパッケージを実行する3番目の現地パートナーとして追加することにより、金額が増加する予定です。

日本は2月中旬にはほとんどの主要経済国よりも遅れて接種を開始しており、ファイザーとBioNTech SEが開発した収入注射液を使用していました。

Modernaが開発したワクチンも、今週に大量の予防接種センターを開きながら使用された。

日本はファイザーまたはモド私mRNA型ワクチンに対するアレルギーがある人のために、アストラゼネカのアデノウイルス型の注射を、いくつかの保管し、残りは分割ラインと東京慶應義塾大学の医師であり、研究のはるか坂本は言った。

「日本はすでに契約を結んだAZワクチンを寄付し、日本で生産AZワクチンをCOVAXに供給することを発表する」と彼女は言った。

AstraZenecaのスポークスマンは、線量がどのように使用されるかは、日本政府にかかっていると言いました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  メルセデスF1,2022年以降のレッドブルへのF1エンジン供給を拒否[F1-Gate.com]

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close